かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

経験者から誘われて始めたとしても、自分なりに続ける動機が必要になる

 

始まりのきっかけはくれるのだが…

ゲームでも色んな遊びでも、経験者と初心者の感じ方はそれぞれ違う。例えば自分が好きな趣味のスポーツがあるとするだろう。友人を熱心に誘い、ついには一緒にプレイする。とても熱心にプレイ方法を教えるし、上達のコツも、お手本も生き生きとやってみせるだろう。だが初心者と分かり合えるのだろうか。

 

初めのうちは初心者の側も楽しい。優秀なコーチが教えてくれる喜びと、上達した人がのびのびとプレイしている姿を見てあこがれもする。もっとうまくなりたいという気持ちが湧いてくれば自分ひとりでも熱心に練習するようになる。

 

けれども経験者と初心者の差は意外と埋まりにくい。経験者が5年とか年数を積み重ねていて、しかもお金がかかるものならば膨大な差が生まれてしまう。もちろん後から新規で入った新人には”おさがり”として金額の差がいくらか埋まることもある。それでも難しいものは難しい。

 

最終的に本人の”モノ”になるかは自発的な動機をもてるかどうか

 経験者から誘われて始めたとしても、その埋まらない差に絶望してやる気をなくしてしまうことはよくある。そんなときに大事なことは、経験者から誘われたことをいったん忘れることだと思う。いったん自分が始めた動機をもう一度整理する必要がある。まずは誘われたときの気持ちを思い出す。いっしょにやりたいなという気持ちは正しいだろう。だがもう一つ、自分の内側にある自発的な動機をちゃんと見つけ出すことが大切だ。

 

モチベーション3.0という本にも書いてあるが、ものごとを続けるための動機のうちもっとも強力なものは外発的なものではなく内発的なものだ。自分が自分の意志でやり続けたいと思う気持ち。それこそが一番強力なのだ。

 

だからたとえ誘われて始めたものでも最終的には自分がたとえ誘われていなかったとしても、紹介してくれた人がいなかったとしても、自分が好きでやっていることなんだと自覚する必要がある。もし嫌いなことならば長続きはしない。自分の中に理由がないことは時間の無駄になってしまう。それが嫌ならば自分の内側をなるべく早く探さない限り、ずっともやもやとした気持ちや嫉妬、苛立ちに悩まされることになる。

 

大事なのは自分のペースで、自分の好きな気持ちや自分のスペースを守って続けることだ。確かに誘ってくれた人には感謝の気持ちもあるだろうし、本人からのありがたいご指導があるかもしれないが、結局のところ自分の領分に入らせすぎてはいけない。鑑賞され続けるとモチベーションを失ってしまうのだ。外発的な動機に内発的な気持ちを阻害されてしまう。

 

これは誘う側も肝に銘じなければならない。誘った側が初心者に対して過剰な指導を行えば必ずやる気をそいでしまうことを忘れてはいけない。最初の内は初心者が簡単につまずかないように手助けすることでぐっと続けられる可能性は増える。

 

だが、だんだんと成長してくればあとは見守るしかない。下手な手出しは無用だ。あたかも巣立ちのように邪魔してはいけない。もちろん怪我する可能性もあるが、それもまた本人の責任に任せるしかない。

 

おわりに

大人になるにつれて自然と遊びの選択肢や交流する人が増える。誘われて仕方なく始めたものがいつしか誘われた人よりもうまくなったり、意外と思ったよりもハマることもある。それは幸せなことだが、その逆もありうる。

 

誘われる側もあるし、誘った側のこともある。自分は人を誘うのが下手だ。あまり上手くできたためしがない。けれども自然と続いている遊び仲間との縁について考えてみると面白い。結局全員がそれぞれ自分が続ける理由を持っているから自然と長続きするのだ。誰かがやめたからやめるわけでもなく、何も理由がなくても一人でも続ける人はいる。何年も一人で続けられるのは間違いなく自分がやりたいからやっている。ただそれだけなのだ。

 

きっかけが自分で選んだことじゃなくても、それでも続けるにはきっと自分なりに続ける理由が必要で、それが一番難しいことなんだと思う。

 

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」は強烈だ。どこか「坊っちゃん」にも似てる気がする。教師だからかな?

 

逸話に事欠かない物理学者、ファインマン

大学時代に「ご冗談でしょう、ファインマンさん」が図書館にあったので読んでみた。本人が直々につけたこのタイトルは非常にユニークだ。本の中身に対しても期待がそそられるし、ファインマンさんのセンスも光っているように思う。

著者は物理学者のリチャード・P・ファインマンノーベル物理学賞の受賞者でまあ逸話に事欠かない。なんとWikipediaにわざわざ

ご冗談でしょう、ファインマンさん』などユーモラスな逸話集も好評を博している。生涯を通し、抜群の人気を誇っていた。

と書かれるぐらいだ。

Wikipediaの逸話の文章量を適当にワードカウントに放り込んでみるとなんと5580文字。正直自分が普段書いている記事よりも2000文字以上長い。正直「ご冗談でしょう、ファインマンさん」の素晴らしい要約(?)が見たかったらWikipediaに載っているわけだ。Wikipediaにここまで情熱的にまとめ上げた人がいるというだけでも、ファインマンの人気具合がわかる気がする。

 

夏目漱石坊っちゃん」との類似性

自分が最も好きな本の中の一つは「坊っちゃん」だ。ひたすらに正直で誤魔化しができない、けれど口下手で頑固で融通の利かない教師の話と「ファインマンさん」はどこか似ている気がする。というよりもお互い教師という職業で一致しているから当然なのだろうか。

ファインマンの逸話から一つ引用してみると

  • 父親は「身分」なんぞというものに決して頭を下げないという考え方があった。このため、法王だろうが皆と同じ人間であり「違うところは着ているものだけさ」ファインマンに言い聞かせていた。また、父親はセールスマンではあったが、人間は嘘をつくよりも正直でいた方が結局は成功するという信念があり、これらの考え方はファインマンが受け継ぐようになる。

このように、まず相手の立場などを気にしない、いつも正直でいることという信念は「坊っちゃん」も同じだ。どちらも読み手にすがすがしい気持ちをわけてくれる。

  • 何につけても自分が正しいと思ったことは実証しなくては気が済まない性格だった。あるとき大学のフラタニティと、小便は重力によって体から自然に出てゆくのかどうかという議論で喧々囂々となり、ファインマンが逆立ちして小便できるところを見せ、そうでないことを実証した。

また友人などから”できっこない”とか挑戦されるとすぐに受けて立ってしまうのも同様。坊っちゃんの場合もちょうどWikipediaにまとまっていたので引用してみるとこんな感じ。

小学校の時分、同級生の冗談による挑発に乗って学校の二階から飛び降り、一週間ほど腰を抜かす。ナイフで指を切って見ろと注文され、右手親指の甲を切る(第一章)

坊っちゃんは読む側に正直でいること、誠実でいることとはどんなことかを教えてくれる。そして後悔しない自分の信念を貫いた生き様がどれだけスカッとしているかも。 

 

ファインマンさんの信念

ファインマンさんの場合は知的好奇心を実験によって確かめようとするのが特徴だ。そこに本人の悪戯心がミックスされて他の人には到底できないことをやってのける。なかなか悪辣なこともやっていて、本人の「身分」なんぞ気にしない精神が表れている。

また内容よりもその機密性にばかり気を使う上司が気に入らず、ある日重要機密書類の入ったキャビネットを趣味の金庫開けの技術で破ってみせた。

この技術というのは非常に簡単で、実はキャビネットに鍵がついていることに安心して元の暗証番号から変えてない人が非常に多かったのを逆手に取ったのだとか。暗証番号を忘れちゃったと製造元に電話すればデフォルトの暗証番号は手に入る。

こんな悪戯心もきっとファインマンさんが伝えたい信念があるからだと思う。

不誠実な態度、特に科学者自身が科学に対して不誠実な態度をとることにはとても厳しい態度を示した。

それは科学に対して常に誠実であろうとすることにつきるんだろう。誰よりも科学を愛していたのだ。そして科学への愛を教えてくれた父への尊敬も、自らが受けた教育の素晴らしさを次代に伝える努力をした。

 

おわりに

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」はファインマンさんの武勇伝ばかりではないことが本の価値をより高めている。時に失敗してしまったことも含まれていたり反省も少し書いてある。だが一番すごいところは、読んでる人がファインマンさんの熱い信念を自然と感じ取れるようになっているところだ。読んでいて心地がいい。

その計算をベーテに披露するも「それが何の役に立つんだ?」と訝られ「だけど面白いだろう?」と答えるとベーテも得心した様子だったという、結果としてその時の洞察が基になって、後々ノーベル賞を受賞する布石になる。

 ただあるがまま、自然に、そして誠実に学問に向かい合う姿勢こそがファインマンさんの本質なんだと思う。ユーモアがたくさん入って読みやすいけれど、その信念だけは読み違えてはならない。

 

〆切本は締め切りに追われる人に勇気をくれるかもしれない。

 

全ての締め切りに追われる人へ

〆切本

〆切本

 

もうこの表紙だけで全てを物語っているような面白すぎる本だ。内容は著名な作家たちが締め切りに間に合わなかった時に、どのような文章を書いていたかを満載にした本である。タイトルの拝啓〆切に遅れそうです、というのは担当者への手紙でまさかあの大先生が…!?という驚愕に襲われ、その内容のあまりの庶民っぷりやしょーもなさに笑い、親近感がとってもわく。

 

あまりにも文章を書けないから、なぜ書けないのかを書くということをするのが文章家らしい。その文章もさすがプロという感じでどこか哀愁を漂わせているのがニクイ。ちなみに同情する余地もない作家もいるのだけれど、文章でちょっと申し開きをしているのがやけにうまい。読者の同情を買う能力は随一だ。おそらく作家業で読者がどのように感じるかを熟知しているからこそ、たとえ仕事じゃなくてもさらさらと書けるのかもしれない。一部では漫画家の漫画も載っていて、締め切りに追われる人々の様々な痴態が載せられている。

 

わりと厚みがある本であっさりとした読み心地を期待していたのだけれど、中身は結構重厚な感じ。特段解説も多くはなく、淡々と作家たちの言い訳を載せているのが逆にちょっと冷え冷えとした担当者の視線を感じさせるのがなんともいえない。まあ作家が何を言おうが先生早く書いてくださいと叩き出すのが担当者の役目だからか。もうちょっとギャグっぽいテイストかと思いきや、真面目路線だったのは少し残念。

 

おわりに

現時点で大変〆切に追われているので自分もちゃんと読んで戒めとして本棚に置いておくといいかもしれない。一度は人類締め切りに追われるからこそ、この本は読みやすい。

 

 

風邪をひいてる時の奇妙な悪夢の話について。妙な球体に押しつぶされたり…。

 

無意識で風邪と同列の物が夢に出てくる…?

風邪をひいてる時というのは悪夢を見やすいと思う。熱の度合いによって悪夢度が変わってくる気がしてならない。どうも自分の体調や感覚をもとにした夢になるようだ。本日もまた風邪でお休みしていたのだけれど、現在はちょっと落ち着いてきたのでブログを書いてみる。ベッドで寝込んでいたのだけれど、夢の内容が酷かった。

 

どうやら車で買い物に出かけたのだが、駐車場に戻ってみると見知らぬヤンキーたちが3人も中でどんちゃん騒ぎをしていたのだった。ちらっと遠くから見て警察呼ばなきゃ…と思っていると後ろからお仲間が登場。なんと自分の車に押し込められるという夢だった。やけにヤンキーたちの振る舞いがリアルで、ものすごい恐怖心と狭い車内に何人もいて暑苦しいしたまに揺れるし…と酷かった。

 

夢の内容を分析すると、まあ現実で布団が熱くて寝苦しいし寝返りが打てないほど体が痛むしで不快だったんだろう。それがまさかヤンキーに変換されるとは。自分の中で不快さ+恐怖心をミックスした存在がヤンキーだったんだろう。無意識下では風邪と同列扱いなのかもしれない。そう思うとちょっと面白い。

 

風邪で悪夢を見る種類はみな同じなのか?

昔子供の頃にインフルエンザにかかったときの夢は今でも覚えている。すべてが真っ白の空間で寝転んでいる自分に、上から丸い球体がぐいー!と押し付けられる夢だ。ひたすら丸い~!苦しい~!とうめいていたのを思い出す。かなり抽象的な夢だった。もしかすると超高熱時には脳の機能も低下してしまうのかもしれない。夢のクオリティが低下するのだろうか。

 

mokusakurock.blog.fc2.com

 

そう思って「風邪 悪夢」で検索してみると面白い記事があった。不思議のアリス症候群という原因不明の病気の影響かもしれないという考察だ。

  ○この症候群を自分が知ったのは風邪を引いたときに必ずといってもいいほど見る「夢」でした。
   風邪を引くと昔から悪夢を見ます。
   それも霊や怖い夢ではなく、奇妙な夢。それが逆に恐怖を駆り立てます。
   インフルエンザになったときに調べてみたところ、この症候群の症状の一種ということが判明しました。
   他の人の報告も多数あり、その中に自分の悪夢の症状も含まれていました。
   「極細と極太が交互にやってくる感覚」
   「遠近感覚がぼやけてものの大きさが曖昧になる感覚」
   「有限な大きさのブロックの集合体」
   「白黒」
   「自分を包み込む空間の筒」
   「針とタイヤ」 
   主にこのような夢が報告されています。

さっきから夢、悪夢といった表現をしていますがこういったものは症状であって夢ではないらしいです。

原因がわかっておらず、まあ悪夢を見るほどの高熱にかかったときどこかしらに炎症が起きてもおかしくはない。その影響でこうした身体感覚への影響が夢として現れるのかもしれないということ。この考察はなかなかユニークだ。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ちなみにこういった疑問に対してはYahoo知恵袋がスマートな回答をしていてすごいなあと思う。どうも熱のせいで頭が休まらず、半覚醒状態、夢うつつの状態だからいつも以上に夢を見やすいんだとか。

 

おわりに

以前、自分は眠れない時はご飯を食べる夢を見る!という記事を書いた。…が病気で眠れない時はさすがに通用しなかった。残念である。

kayanomi.hatenablog.com

風邪をひいてる時は…早く治りますようにと祈るしかない。焦ってもしょうがないし、ただひたすらに休むこと。体の芯から温まること。風邪をひいたときこそ、原則を大事に守る。お医者さんの言うことをきちんと信じて守ること。

 

もしあなたが、風邪をひいてる中このブログを読んでいるとしたら…気持ちは大変にわかるけれども、どうかゆっくり眠ってください。みなさまの健康をお祈りしております。

 

 

熱が出たときはブログ更新も休もう。G.W.明けは風邪に注意!

 

G.W.明けの疲れは普通…と思っていたら

togetter.com

 こんなツイートを見かけて大変だよねと他人事のように思っていたのだけれど、まさか自分の身に降りかかるとは思わなかった。そう、昨日と今日ものすごい風邪をひいてしまった!

 

昨日の朝はなんだか疲れがたまってるな…と感じていて、うーん今日は早めに寝て疲れをとらないとなーと思っていた。まあG.W.明けだからいつも以上に疲れがたまっているだけ…?。これぐらいは予想の範疇であると自分に言い聞かせて、もっとしゃっきりがんばらないと!と意気込んでいた…がそれは間違いであった。

 

 

午後から文章を少し書いていたのだけれど、ふと気づくと意識が飛びそうになる。なんだか頭の中にもやがかかっているようだ。相当眠いらしい…と思って「なにやってるんだ!」と自分を叱りつけていた。たるんでるなーと思っていたけれど、どうも体のだるさが増していく。こんなに疲労がたまってたっけ?とか睡眠が足りてなかったのか?といろいろ考えて不思議がっていた。

 

家に帰るころ、妙に背筋が寒くなってきた。全身の筋肉がずきずき痛い。…連日暖かな気温だというのに、この体の震えと寒気…。間違いない…。こりゃ風邪をひいているんだ…とようやく気付いたのだった。

 

気付いたころにはまともな思考能力も残っておらず、体力も限界に達していた。足に力が入らないし、指先がむくんでいる気がする。とにかくこれは…家に帰って寝なければ…という思考だけだった。できればポカリスエットとか栄養の付くものを買って変えるべきだったのだけれど、残念ながら思考能力の著しい低下により何もできなかった。

 

家に帰って本格的に発症

さて、家について楽な服に着替えてベッドに横たわる…。寒い。暖房すらつけたくなるくらい寒くて笑ってしまった。ともかく毛布と布団を厳重に空気が入らないようシャットアウトして包まる。体温計を探して脇に挟む…。そこまではよかった

しばらくして自分が寝ていることに気づいた!体温計は当然落っこちている。こりゃ相当重症だ。ともかく体温計で熱を見なければならぬ…。ひいこら寒い寒い言いながらなんとか意識を保ってピピピッと音がするのを待った。二回目はなんとか測れた。

 

 

震える手で体温計の表示を見る…37.6℃。うーん。やっぱり風邪か。まあそこまで酷くはなさそうだ。いったん疲れているし1時間くらい寝てみて元気があったらご飯を食べよう。何かあったかな…と思ううちにバタリと寝てしまった。

ふと目をさますと異様に布団の中があっつい!赤外線ストーブを直に当ててるぐらいに!なんじゃこりゃー!?と思って自分の体を確かめると汗びっしょり。おまけに寒気がガンガン増して、しかも頭をちょっと持ち上げたり下げたりするとガンガンガン!いったい!

 

恐怖の三回目の体温測定

…三回目の恐怖の体温測定…結果。38.4℃。…えぇ?そんなバカな…。今って五月でしょう…。なんで五月にこんな高熱にかからなきゃいけないんですか…。こんなにひどい風邪にかかったのは数年ぶりだ。インフルエンザもご無沙汰だし、本当に珍しい。

ともかく着替えて水分補給…。ポカリスエットがないので仕方なくオレンジジュース。それでいいのかわからないけど、とりあえず3杯ほど飲む。とたんにお腹を壊す。もちろん下痢。頭も痛いし踏んだり蹴ったりだ。冷えピタがあったので額に張り付ける。すっごく気持ちいい…。

ともかく水分補給と着替えも済んだことだし、体温を上げて病原菌を撃退せねばなるまい。めっちゃくちゃあっつい布団にもう一度包まるしかない…。今度はなかなか寝れない…というか意識がとぎれとぎれに過ぎていく。苦しい。だいたい5分~10分くらいの時間がとぎれとぎれに過ぎていく感覚。自分の体のあちこちが激痛を訴えてくる。

 

がんばってブログの更新をしてしまった

ふと気づくと9時くらいである。熱は下がったかな~と測ってみても38.1℃。こりゃ相当だ。頭も朦朧としててとても何かをやる気分じゃない。枕元には読みかけの勉強の哲学があるけれど頭に入ってくる気がしない。だが…ブログは書かねばなるまい…。毎日更新してるのだ、意地でも書かなければ…。だが何を書こうか…?

そう思って布団で過ごして10時ごろになんとか記事を書いたのだけれど、正直指がむくんで打ち間違いも頻発して大変だった。推敲も全然してないし、そもそも書く気力がほとんどなかった。というかあんまり記憶がなくてちょっと怖い。

ブログ記事を書き終わった後安心して体温を測ると38.9℃と本日最高記録を更新した。絶句した。こういう時にあー死ぬんじゃないですかね、コレ…みたいな気持ちになる。体中痛いし、いっそころしてくれーうぁあ~とうめきつつ冷えピタを取り換えて寝た。

 

おわりに

翌朝、体温を測ってみると38.3℃まったくもって下がる見込みなし。風邪の強さに驚くばかりだ。G.W.のせいで体の免疫力が下がったとかそういうわけではないと思う。単に運が悪かっただけだと思うのだが…。ちょっと元気が出てきたので熱が38℃出たときの対処法をスマホで調べてみると、とんでもない記事ばかり目に入ってくる。

 

38℃で出社するのは当然とかそういうのである。まあ今回38℃の熱を出しているなかでブログ更新している自分が言うのもあれだが、熱が出たら休もう。無理してもいいことはない。というか無理に無理を重ねたときが一番怖い。何をしでかすかわからないし、自分の体が万全じゃない以上、どんな事故も起こりうる。正直家に帰るまでにふらついて事故にあってもおかしくないな、と思っていた。

 

というわけで今後は風邪をひいたらブログ更新はお休みします。翌日にまとめて更新という形をとらせていただきます。みなさんも風邪をひいたらまず自分をいたわってあげてください。(なおまだ熱が下がってません…)