かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

子どもの頃から飛蚊症だったので気づかなかった。

 

子どもの頃から糸くずが見えていて遊んでいた

sakamoto2.hateblo.jp

上記の記事で飛蚊症が出ていたのだが、実は子供のころから飛蚊症という人は一定数いると思う。自分がまさにそうだ。小学校3年生前くらいには既に飛蚊症だったと思う。とはいえ病名などわかるわけもなく、ただぴょ~んと目の前に紐っぽいものがたくさん浮いているのが見えただけだ。

 

飛蚊症をはっきりと自覚したのが小学生の頃、ある朝。横になってだらだらと布団に包まって窓を見ようと目を動かすと視界の下から上にぴょ~んと紐っぽい何かが出てきたのだ!これなんだろう?と思ってもつかめない。目が悪いのかと思って擦っても擦っても落ちない。ティッシュでとらなきゃ!と思っても全然とれない。

 

非常に困ったなあと思いつつ、別に目も痛くないし…。とりあえず左右に眼を高速で動かすとぴょんぴょん紐が動いて楽しい。数を数えてみようとしてもなかなか数えられない。目を動かすとどこかに行ってしまうものだから一体いくつあるのだろう?それが飛蚊症との最初の思い出だ。

 

たぶん一度親に相談したような気がするけど、生理現象だしとれるものでもないので気にしないように、いつかとれるかも?と言われてそーなのかーと納得した。それ以来何十年と付き合いっぱなしである。

 

人とは違う視界かもしれないけど

飛蚊症を治したいと思わないのか、素晴らしい景色の邪魔にならないか?と思われるかもしれないが…。自分の感想としては「別に気にならない」である。あくまで個人の感想なので不便に思う人や本気でストレスを感じてしまう人も多いだろうが、子供のころから飛蚊症に対して悪い印象を持っていないのだ。生理現象だし付き合うしかないねという感じ。

 

飛蚊症がなければ素晴らしい景色が観れるのになんてもったいない!という人がいるかもしれないが、自分としては雨の中カメラに水滴がちょっとついてるような気分だったり、ちょっとカメラが指紋で汚れちゃってるくらいのものだ。もちろん潔癖な人は気にするだろうけど、それがデフォルトなら気にしない。

 

だいいち文章を読んだり風景に集中している時、焦点が遠くに合わさっているので近くにあるゴミは非常にぼやけて見えるし、数もそこまで大量と言うほどではないし、気が付くとどこかに移動するので集中して飛蚊を見ようとしなければ気にならない。

 

それでもないほうがいい類の病なのかもしれないが、言わせてもらえば例え病だろうと素晴らしい景色を素晴らしいと感じられるならそれでいいでしょうということだ。汝、心の眼で見よというわけである。ただ目に映るだけが良い景色なのではなく、そこに至るまでの旅を想ったり、感情によって風景はいともたやすく変わる。体調もそうだし、自分の体のどこか別な場所が病にかかればまた風景も違って見えるだろう。

 

自分にとって飛蚊症は目の中ではしゃぎまわる妖精さんみたいなもので、これはもう不可避でしかも自分の体内だからどうしようもできない。自分の中の同居人ということでウザがることもなく、自然と一緒に暮らしていくつもりだ。

 

おわりに

飛蚊症ですか?と人に尋ねられることはほとんどありえないだろう。外見の情報では絶対わからないからだ。自分から明かすか、相手から明かされたとき自分もそうですという感じだろう。メジャーなのかマイナーなのかいまいちよくわからない症状だ。

 

でもこうしてネットなどで飛蚊症という単語を見かけるとついつい見てしまう。あまり人に明かしたりもしないので仲間意識というか…ともかくそんな感じだ。本当にふとした時に見えるけれど、それが飛蚊症という言葉で定義されるものだとは瞬時に結び付かなくて、しばらくたつと消える煙みたいなもののように付き合ってる感じだ。自分の体のことだけれど言葉にするとちょっと不思議な感じだった。

 

Huluのお詫びチケットが届き始めたのかも?

 

ようやく届きました

kayanomi.hatenablog.com

8/4(金)、Huluからお詫びチケットが届きました。これにてHuluのお詫び騒動はいったん終了という形でしょうか。一か月分のチケットということで再び視聴できるわけですが…何を見たらいいのか少し悩みますね…。見たいと思えるものが見つかり次第視聴しようと思います。このままだと一か月間けものフレンズを視聴して終わってしまうかもしれない…。

 

もともとテレビでは何を見ていた?

自分はあまりテレビを見ない人間でした。子供のころからバラエティ番組はまったく見ない。なぜ見なかったのか…。一つは中二病の一種で世間で流行っているものは一時的なものだから、そんなものに流されるとは軟弱…と考えていたのもあるかもしれません。

 

第二にそこまでテレビのお笑いが好きというほどでもなかったということ。どこか人を馬鹿にしたような笑いというのが好きではなく、ウィットの効いたジョークとかが好きで、しかも小説や漫画の唐突でシュールな笑いというある意味静かな笑いが好きだったからです。

 

何が好きで見ていたのかというと視聴率の高いドラマは好きでした。なんとなく記憶に残っているものは「ゴンゾウ 伝説の刑事」。フレーズが好きで毎週見ていました。「この世界に愛はあるの?」という耳に残る、そして哲学的な質問に心を惹かれました。今でもたまに考えちゃったりします。主人公・ゴンゾウが出したすがすがしい答えも好きでした。

 

考えると警察24時も好きでしたし、アンフェアとか踊る大捜査線も好きだったので実は刑事ドラマ好きだったのかもしれません。今この時まで認識はしていませんでしたが…。他にも海外ドラマではプリズンブレイク・24。実はドラマって刑事ものが多いだけかもしれませんね。

 

 

おわりに

テレビを見ないとCMも見ることがないのでたまーにCMの曲の話とかネタの話をされてもまったくついていけません。Youtubeニコニコ動画もあまり見ないので趣味がないのでは?とか何をして過ごしているのかと疑われますが…。HuluやNetflixを使っているというと納得していただけるのも、なんというか時代だなあ…と思ったりします。

 

 

記憶に残らない優しさっていいよね。

 

きっと覚えてないだろうけど、ありがとう

昔キツイ状況の時にそっと「気にすることないよ」と声をかけられた。たったそれだけなのに泣きそうになった。あまり普段喋らない人だったのに自分を気にかけてくれたことが嬉しかった。

 

おそらく本人はもう覚えていないだろう。でも自分は今でもずっと覚えていて、ふと辛くなった時の心の支えになっている。もう十年以上も前のことなのに。本人にとってはなんでもない、本当に些細なことだったのかもしれないけれど自分にとっては大事な思い出のようになっている。

 

昔読んだ本に周囲への見えない心配りを大切にしてみましょうという文章があったのを覚えている。例えば手洗い場で手を洗うとき、周囲に水がはねてしまっているのを見て気配りで拭くことができるとよいですねといったことが書かれていた気がする。忙しいときや心に余裕がないときはそういったことに配慮すらできない。

 

だが忙しいときでも手洗いには必ず行くのが人間だからたまに、言葉を思い出すことがある。そんなとき本を書いた著者が「心を忘れていませんか?」と見えない優しさで諭してくれているような気がする。とっくに本の名前も内容も思い出せないけれど、そういった言葉だけは今も心の中にあってやっぱり支えてもらっている。

 

 そんな風に世の中で誰かが与えてくれた善意なんかが巡り巡っていること、そして巡らせた本人がそれを忘れている。けれどどこか優しい気持ちになれるような。どれはきっとどこかに溶け込んだ優しさなんじゃないか。そう思うとちょっと暖かい気持ちになれる。

 

おわりに

 このブログもいつか誰かの役になっていたなら嬉しい。書いている時は特に役立つことを考えてはいないのだけれども、それでも誰かの役に立てていてくれたら。それは自分からは見えないし、きっとそれを知ることはできないだろうけど。それでも自分がちょっとだけ世の中にたくさん巡っている善意に加われたらいいなあと思っている。

 

 

プラネタリウムが見せる本物の星空とリアリティについて

 

本物の星空ってなんだろう

プラネタリウムを見に行って感じたのは、星があまりにも輝きすぎててリアリティがないなあということだった。けれどそれはまったくの間違いで、ただ現実が曇っていて本当の星空が見えないだけだった。じゃあ、自分が感じたリアリティっていったい何だろう。

 

プラネタリウムの星はとてつもなく輝いていて、それでいて文字通り”星の数ほど”あった。こんなにもたくさん星があるなら確かに「人は死んだらお星さまになるんだよ」と言いたくなるものだ。でもちょっと数が多すぎて、隙間がほとんどないくらい多くてびっくりした。きっと目では見えないところにも星がある。

 

こんなに星があるなんて、きっとプラネタリウムだから星を沢山映して観客を呼び込もうというわけか…なんて邪推していたけど、ふと場面が切り替わり少し曇って星が見えなくなっていった。星の数がずいぶん落ち着いて、たまに天気がいい夜の日に見えるよく見た星空に似ていた。けどそれは人の営みによって星々が見えなくなった、隠れてしまった証拠なのだ。

 

プラネタリウムは真実を映していたのだろうか。リアリティの高い星空を映していたのだろうか。そう考えると人間の眼なんて案外あてにならないものだ。人間が人間の性能で感じるリアリティと自然本来の持つリアリティなんて違って当然なのかもしれない。満点の星空を見てそんな風に思った。

 

おわりに

身近な例で一気に俗っぽく言うならば本場カレーと日本のカレーの違いみたいなものかもしれない。本物と世俗的なもの。正装とカジュアル。本物の星空と…。

 

 

プラネタリウムだって本物じゃないのに、それでも本物にずいぶん近いんだと思う。けどそれをリアリティがないと感じる自分は、本物を見ていないからそんな風に言ってしまったのかもしれない。生まれてから本物の星空という奴を見てないなんてずいぶん自分は人生を損しているのだろうか。なんだか少しだけ寂しい気持ちです。

 

 

疲れている時にやってしまう失敗など。

 

普段できていたことができなくなる

自分が非常に疲れて元気がなくなっている時、意識レベルがちょっと下がっているからよく失敗をする。その中でも特に多いのは自分の体の位置をわかっていないというもの。普段は自分の幅とか移動速度がわかっているのだけれど、疲れているとよく壁にぶつかったり小物にぶつかったりして危険である。格ゲーでいう自分の”当たり判定”が拡大しちゃってる感じだ。

 

こういう普段の自分なら絶対ミスしない体験をすることで「あー疲れてるな」と実感する。というか一刻も早く強制的に回復しないといけないなと自覚する。まだいける、まだ頑張れる、そう思っているうちに軽微な事故を起こしてしまい後悔することが多い。

 

最近疲れていてやってしまった最大の悲しいショックな事故としては、牛丼屋でたまご付きのセットを頼んだ時だ。たまごを割ろうとして力加減を誤り…ぜんぶこぼした。あまりのショックにしばし呆然としてしまった…。今日はたまごかけで楽しみたかったのになくなっちゃった…とか、なんで追加料金出してたまご頼んで、けっきょく机汚してるの…等。

 

しばし嘆き悲しんだ後、仕方ないので片付けて普通の牛丼を食べたのだが…これは全部疲れのせいである。疲れを自覚できなかったことが問題だった。疲れているのにたまごをきれいに割るなんて自分にはできなかったのだ。そう思うしかない。

 

そう、疲れていても自分はできるはず!と考えるのではなく、疲れているから無理だったと考える。そうじゃなきゃ余計無理してしまうし、見当違いに自分を責めてしまうことになる。それではいつまでも休めない。失敗した時のリカバリーとして「もっと注意する」ではなく「休む」を選ばないといけない。

 

 おわりに

疲れている時にやってしまう常識では考えられないミスほど悲しいものはない…。例えば何故か自分の靴下をカゴではなくゴミ箱に入れてしまったり。スマートフォンを冷蔵庫に入れてしまったり。なにがしたかったの自分…と言いたくもなるが、全部疲れているのが悪い。思い返してみると案外シュールで笑えるものもある。

 

まあできるなら健康に元気で過ごせるのが一番だと思う。しょっちゅう疲れて頻繁に間違っていると笑い事じゃなくなってしまうから…。