かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

バーン・ノーティスから学ぶ友達作成術とドラマの魅力について

 

バーンノーティスから学ぶ友達作成術

Huluがせっかく見れるようになったのでオススメしたいドラマを紹介する。

それはバーンノーティスである。残念ながらNetflixでは放送していない名作。これを見るためにHuluを見るのも悪くはないかもしれない。U-nextでも視聴は可能かも。全7シーズン。

 

 

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 (Burn Notice)は 2007~2013年にFOXで放送されていた海外ドラマ。タイトルのBurn Noiceはいわゆる解雇通知。主人公は優秀なスパイだったのだが、ある日任務中に突如としてクビに。銀行口座はもちろん職歴もなくなってしまい、無職一文無しに。しょうがないので実家に帰って昔の友達から仕事を請け負って、元スパイ流にトラブルを解決して復職しようとがんばる一話完結式ドラマ。

 

24やプリズンブレイクなどと違う点はドラマ仕立てがスマートなのにコメディチックなところ。まず主人公がすでに解雇されている事実上無職で母親に頭が上がらず、いいように使われてしまったりとかなり情けない。そのうえ007のように豪華なスパイ道具もなく、基本的に現場調達でなるべく安価に仕事をこなす。この妙に情けない貧乏チックなところと、スパイ技術による人の裏をかいたアッと言わせる戦術がとても魅力的なのだ。

例えば冒頭のバーン・ノーティスbotの”友達作り”は非常に面白い。ある地域に蔓延る迷惑なマフィアを撃退するために内部に入り込んで瓦解させようとする時に、側近たちと急速に仲良くなる方法が”トラブル”を解決することなのだ。側近の車にミエミエの発信機を自分でしかけた挙句「FBIにツケられてたんだ…ほら発信機があった。危なかったな…」とか声をかけてあげると「コイツ親切じゃん」と思ったりしてくれるわけだ。 

 

このバーンノーティスbotに書かれている内容は主人公がナレーションするセリフ。ちょっと皮肉げなテイストで、スパイのスマートさにあふれていてドラマの性質をよく表していると思う。主人公はもうルパンの声優でもおなじみ栗田貫一。が、おもしろいのはものすごーく疲れ切ってやる気のない背中が荒んだ中年ルパン的な演じ方をしているところ。基本的に不幸に見舞われているので気力がないんだけど、ある程度イタズラ好きな根が善良なヒーローなのだ。

 

24のシリアスでしかも超人的な体力とアクションで頑張るヤツやプリズンブレイクみたいに大変な目にばかりあうものでハラハラしたりするのが疲れた時、バーンノーティスはわりとコメディに楽しめるからオススメだ。スパイ豆知識を毎回見て感心するのはある意味よくできたミステリー小説のトリックを探偵に丁寧に教えてもらうときの快感に似ている。

 

シーズン6あたりまではわりと安定して面白いのだけれども最終シーズンはかなり暗いので途中まででいいかなーと思わないでもない。物語の締めにはどうしてもシリアスにするしかなかったという制作陣の苦悩がちょっと見て取れる気もする。

 

ちょっとお茶目に、それでいて貧乏臭く何故か不遇な目にばっかり合う可愛そうだけど困ったときとっても頼りになるスパイを見たいなら、バーンノーティスがぜひオススメです。

 

おわりに

この友達の作り方、世間一般じゃなかなか出てこない解答なのは間違いないだろう。ある意味ストーカーのテクニックだ。まあスパイとストーカーの違いと言えば国への忠義があるかないか、なんてドラマ中でも解説されていたような気がする。

 

とはいえ人付き合いだとか友人づきあいなんてものを少しひっくり返してくれるような痛快なアイディアだ。深刻に悩んでいる人は怒り出すかもしれないけど、ある意味そういったことできずなが深まるのは間違いない。人間とはある部分ではすごく単純な心を持っている、それを利用するのが近道なのだろう。だから限定的に有効な戦法だとは思う。

 

真面目に考えすぎてすごくつらくなったり悲しくなったりすることはよくあるけど、こういったお茶目な、裏技的な考え方もあると知っておくと自分の中でとりうる選択肢が増えたりちょっと気が楽になる部分もあるはずだ。ドラマを見て少し気休めするのもたまには悪くないと思う。

 

 

霊感やスピリチュアルなものを信じるか

 

最近はあまり聞かれたことはないけれど、学校なんかではよく霊感やスピリチュアルなものを信じるかどうかは聞かれた気がする。年齢を重ねるにつれて答えはいろいろ変わっているけれど、現在のところの意見としては「あるかもしれないね」という感じである。ただ積極的な態度ではない。

 

人生で霊感と呼ばれるものを発揮したことはない。心霊スポット的な場所には近づきもしなかった。自分にはその手のものがないということで安心はしていたけれど、一応おばけだとかホラー的なものは大の苦手だ。うっかり金曜ロードショーで見てしまった「ファイナルデッドコースター」は人生で最大のトラウマである。二度と見たくない。

 

スピリチュアルなものはどうか、いわばポジティブな方面の風水だとか、金運だとかはいまいち実感もないのであまり信用はしていない。とはいえ神社に行くとスッと背筋が伸びるような気分になったりと積極的な否定はしない。ある程度自分の心持ちが大切だと思っている。運気を頼りにするのではなく、運気を上げる態度だとか姿勢を心がけることが大切というポリシーだ。

 

ご先祖様だとか守護霊的なものは…見たことがないのでなんとも…という感じである。できればそっとしておいてほしい。が、います!というのであればそうなんですかという感じである。なんていうかいようがいまいが、それに恥じないような生活態度を心がけたい。霊が~と持ち出して行うのはちょっと寄りかかってるようで自分は少し気が進まない。

 

魂だとかそういったものを積極的に否定する気はない。というか人生にはロマンチックな要素がないとつまらないと思っている。理系的にわりきってしまうことはできるかもしれない。とはいえ自分たちは偉大な先代の歩んできた歴史の上にいるわけで、そういったものに敬意を払う文化だと思えば納得できる。理屈や理論ではなく心がけや精神の在り方としてだ。

 

…ともあれ夏もそろそろ終わり納涼大会だとかホラー話もそろそろおしまいじゃないだろうか。今年はホラーだとかに触れる機会がなかったのでちょっと一安心。来年もそういった怖い話がないような一年がおくれるといいなあと思う。

 

おわりに

昔はお化け屋敷とかは得意…というかただ音に反応してびっくりするタイプだったのだけれど大人になってから全然ダメになってしまった。なんていうか想像力を働かせるようになってしまってからが本当にダメである。あっちから来るのか、こっちから来るのか…。不安でがたがた震えてしまう。

 

ホラーというのは人の想像から恐怖をじわりじわりとあぶっていくようなものだと思う。存在するのかしないのか、あいまいなところを巧みに責めてくるのがプロの仕事じゃないだろうか。…正直、文化祭でのお化け屋敷に試しに入ったとき、本格的過ぎてしばらく足が震えて歩けなかった思い出もある。成長して大丈夫になるものもあるけれど逆にダメになるものもあるんだなあと悟ったものである…。

夢を悩みにしない

 

夢は悩みごとか

夢というのはまず自分の内側で生まれるものだと思う。自分の内側の欲求として、あれがしたい、ああなりたい、あれが欲しい…。そういった気持ちを胸の中に秘めることが始まりだと思う。それを大事に思い続ければ…と思うけれど、気持ちを固めるにはどうしたらよいのか。

 

ただ生まれたばっかりの夢のままじゃあいまいで、しかもつかみどころがないからもやもやとしている。夢はあるけどどうしたらいいかわからない、という状況はわりと悩みにも近くて無意識のうちにちょっとだけストレスかもしれない。夢にはきとんとした道筋だとかスケジュールを決めて実現させてあげないと”悩み”になってしまうのかもしれない。

 

自分はスケジュールを立てるのが苦手だ。旅行だって行き当たりばったり、人生だってだいたいは計画もなしに過ごしてきてしまっている。だから、なんとなく夢が叶っている、もしくはきちんと夢を叶えたという実感がわかない。あえて言うなら気がついたら悩みの種が時間がたって向こうから勝手に消えてくれた、みたいな感じのことが多い。ある意味タイムアップばっかりだ。

 

夢はたくさんある、やりたいことと言ってもいい。けれどそれは自分の内側に漠然とあって、いつのまにかどうしたらいいかわからない曖昧な悩みとなってしまっていた気がする。恥ずかしくて人には言えないし、なんとなく相談できないから内側にたまるばかり。

 

だから多少恥ずかしいかもしれないがきちんと時間を取って自分の夢についてきちんと書かなければならない。動機とこれからどうすれば叶えられるのか。自分の夢と自分とできちんと相談しないと解決できない。夢は悩みと似ているのかもしれないけれど、自分の意志で決めていかないと夢はかなわないのかもしれない。

 

 

IoTを利用するとき我々もまた利用されている?

 

ちょっとこわい

Internet of things 、略してIoTだけれども要は様々な電子機器などが便利にいろいろな情報を提供してくれるという仕組みである。これまでは手に入りにくかったり、はたまた見えてこなかった情報を取得して実生活に役立てようという話だと思う。

 

例えばエアコンの稼働時間や電気代をスマートフォンで見るなど。もしかするとすでにあるのかもしれないが、そういった身近なものの情報をばんばん集積するのだ。つまりは欲しい情報によりアクセスしやすくする、いままでアクセスできなかったところをアクセスできるようにすることこそIoTなんじゃないか。

 

ただ今まで入手できなかった情報を入手するということは、反対にIoTにも情報を与えていることになる。つまりこのユーザは何時何分にこういう情報を欲しがった、とかこのユーザはこういったデータに関心があり、逆にこういったデータには関心がない…。情報をもらおうとすれば、その情報を逆に取得される。作用反作用みたいで当たり前かもしれない。

 

Webサイトはすでにそういう仕組みになっていると思う。ユーザが望むにしろ望まないにしろ、様々なサイトにはトラッカーが入っていて何時何分に匿名の誰かが何分間、そしてどこのリンクを踏んだかなどが記録されている。Webサイトならまだいいかもしれないが、IoTになったときが少し怖いように思う。

 

企業はユーザがどのようなデータを欲しがるのか興味津々だ。そういったデータを提供できれば新しい製品開発はもちろんのこと、むしろユーザが欲しがったデータには価値があると見做して匿名化した後に別な企業に売り出すかもしれない。だからこそある程度詳細にユーザがどのように使用したか興味を持つ。

 

例えば今、自分がエアコンの電源を入れ電気代や部屋の温度変化を取得したとする。深夜のある一定の時間帯に電源を入れておやすみタイマーをかける。途中で暑くて起きてしまったので再びかけなおす…。そうするとどれぐらい寝ていたのか、途中で起きたのか、何曜日にどのくらい寝ているのか。もしくは部屋に日中どのくらいいるのかなど…。

 

IoTという情報の出入り口が自分の身近になればなるほど、知る情報も多くなるけれど知られる情報もどんどん増えていってしまう。もしかすると自分が気づかないうちに得られる利益よりもずっと大きなものを見知らぬ誰かに与えてしまうのかもしれない。

 

おわりに

深淵をのぞくものは…みたいなものを少し思い出してこんな記事を書いた。現代ではもしかすると本を読むスピードや注目してるポイント、もしくは積み本となっている確率、どこで読むのを投げ出したか…そんなデータも採られてしまっているかもしれない。悲しいのは今やっていないからたぶん大丈夫ではなく、いつかとられるかもというちょっとした不安である。

 

インターネットは世界中のどこへでも瞬時に情報を運ぶ素晴らしい網であるが、それゆえに世界中どこでも誰でもささやかな情報でもすぐに伝達されてしまう。それも大量のデータでさえも瞬時にだ。これから個人の情報はよりたやすく入手できるようになってしまうんじゃないだろうか。

店員さんへの距離感で自分の体調を測る

 

他人にどれだけ余裕があるか

基本的に店員さんには愛想よく、なるべく元気に話しかけることを心がけている。なるべくなら元気なお客さんを接客したほうが元気が出ると思うからだ。無言のお客さんばかりだと店員さんも元気がじょじょになくなると思うから、できるだけ人間らしい受け答えを心がけている。

 

元気でいつも丁寧語で対応するのは別に店員さんに好かれたいとか嫌われたくないというわけではなく、ある意味”鏡”のように扱っている部分がある。自分が外側の人々に対してどのような態度をとっているのか、健康度はどれくらいかを測るためだ。

 

例えば忙しい朝にコンビニとかによって買い物をするとする。頭の中はいろんなことでいっぱいで、眠たく何も考えたくない…。そんな状態では口から声を出すのもおっくうだ。だから無言でお金を出してちょっと頭を下げてお会計…なんてことはざらにあるかもしれない。

 

一日の終わりにちょっと外でご飯を食べるときも疲れ果てて明日が憂鬱だったり、その日になにか嫌なことがあってイライラしていたら周りに気を配る余裕なんてない。だから店員さんにも少しトゲがあるような対応をしてしまうことになりかねない。

 

日ごろ外で出会う店員さんというのは自分が外部の人にどれだけ余裕があるか?ということを示しているのだと思う。店員さんにさえ余裕を見せられないのならば相当疲れている、精神的に不安定である証拠になるだろうと思う。自分自身が果たして健康であるか、ちょっと今の行動はまずくはなかったかと身を引き締められるのだ。

 

人間は外に向かえば向かうほど関心が薄れていく動物だ。内側、つまるところ親族だとか大切な人だとか…そういったところに最も力を注ぐ。外側には注いだ後の残りでの対応となる。あまり外面ばかりの体裁を整えようとするのも逆効果だが、どれだけ外側に対して対応できるかでその人の心を測られる場面もあると思う。それはある意味精神的な装いの部分だと思う。自分の中での身だしなみという風に思っている。

 

おわりに

店員さんに優しくする理由はもう一つある。父親が店員さんに横柄な態度で話したり母親が厚顔無恥な願いをぶつけたりしているのを見てこうはならないぞと子供ながらに思ったからである。それはもしかすると大人なりの経験だったり客としての権利だったかもしれない。

 

けれど自分は一歩離れて、そのうえで礼儀を忘れないように一対一の他人という関係で店員さんを見ようと決めたのだ。店員と客という立場ではなく、あくまでただの自分と他人との関係としてみる。そのうえで自分が客ということで話をする。そんな風に考えている。