かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

精神論

道徳で教えてもらった、”今”というのは過去の積み重ねなんだよという教え

子どもにとっては”今”は現在だけ ”今”だから思うこと ”今”は過去の積み重ね 子どもにとっては”今”は現在だけ ある日の道徳の授業は少しいつもとは違っていて、なにやら教訓めいたことを教えてくれた。どういう形式だったのかは覚えていないものの、言ってい…

怒りとは悲しみを隠すためのものだと思っている。本当の気持ちは何だろう。

おわりに 自分は怒りとは大人が悲しいと思っていることを隠すためのモノだと思っている。自分が何かに怒っている時、他人が怒っている時、実はその怒りよりもまず悲しいことが裏にはあるのかもしれないのだ。怒りの只中にある時はそれに気づかないのだけれど…

コミュニケーションが苦手な自分が心がけていること。共通点で話す。

話しやすい人は自分との共通点がある? 共感が得られやすい おわりに 話しやすい人は自分との共通点がある? コミュニケーションが子供のころから苦手で、特に初対面の人だとかそれほど仲良くない人とはどのように話せばいいのかまったくわからなかった。け…

子どものころのカバンの中身とそれからの話。

たのしかったあの頃のいちばんワクワクした中身 おわりに たのしかったあの頃のいちばんワクワクした中身 今週のお題「カバンの中身」ということで久しぶりに面白いお題だったので書いてみる。カバンの中身というと今現在のことよりも小学校の頃のランドセル…

冬が、雪が一番好き。季節には音があると思うけど雪の降る音はいいね。

季節の音を おわりに 季節の音を 夏に冬を恋しく思うのは自然なことじゃないだろうか。もちろん冬に夏を恋しく思うのも道理なわけで、つまりはないものねだりとか喉元過ぎればなんとやら。とはいえ冬は他にない珍しい季節である。雪だ。雪こそ冬の代名詞だろ…

時には心も脳もいっしょに休む

肉体以外にも休みが必要 おわりに 肉体以外にも休みが必要 筋肉痛は酷いモノでない限りは筋肉の超回復を示しているものと言われている。これから筋肉が一回り大きくなる、そのための痛みとして捉えられる。じゃあ勉強だったり、趣味のことだったり。そういっ…

子どもの頃からお金を節約して楽しもうとしてたのかも

”自分のお金”がないと思い込んでしまう ”知ること”っておいくらだろうか? おわりに ”自分のお金”がないと思い込んでしまう 子どもの頃、自分の家は貧乏だと思っていた。実際に貧乏だったのは間違いないのだが、必要以上に貧乏だという意識のあまり遊ぶこと…

自分ひとりでやるスポーツは好きだけど、みんなでやるスポーツは嫌い。

自分自身がポジティブに取り組めるか 自分自身がポジティブに取り組めるか スポーツで嫌だなあと思うのは失敗やミスをした時にチームメイトとか一緒にやっている人に迷惑が掛かってしまうと思うことだ。もちろん気心が知れている仲間でもあまりにミスが多か…

記憶に残らない優しさっていいよね。

きっと覚えてないだろうけど、ありがとう おわりに きっと覚えてないだろうけど、ありがとう 昔キツイ状況の時にそっと「気にすることないよ」と声をかけられた。たったそれだけなのに泣きそうになった。あまり普段喋らない人だったのに自分を気にかけてくれ…

プラネタリウムが見せる本物の星空とリアリティについて

本物の星空ってなんだろう おわりに 本物の星空ってなんだろう プラネタリウムを見に行って感じたのは、星があまりにも輝きすぎててリアリティがないなあということだった。けれどそれはまったくの間違いで、ただ現実が曇っていて本当の星空が見えないだけだ…

疲れている時にやってしまう失敗など。

普段できていたことができなくなる おわりに 普段できていたことができなくなる 自分が非常に疲れて元気がなくなっている時、意識レベルがちょっと下がっているからよく失敗をする。その中でも特に多いのは自分の体の位置をわかっていないというもの。普段は…

本当に何も聞かずに過ごせる人

自然と用事を忘れてしまえる人 自然と用事を忘れてしまえる人 たまに気が合う人と話すと用事を忘れてしまう。何か聞こうと思っていたことをついうっかり忘れてしまうのだ。そうして何を話したか、些細だけど気分良く過ごした後そういえば会う前にこういうこ…

なんとなく神社にお参りしてきた。なんとなく居心地の良い空間だった。

自然と背筋が伸びて楽になる おわりに 自然と背筋が伸びて楽になる 落ち込むことが最近あったので、一つ心を落ち着けるために神社にお参りしに行った。神社の中は自然な感じがして、それでいて気が引き締まるような厳かな気持ちになれる。色んな人がお参りし…

つらいとき、悲しいことがあったときは泣けるものを用意する

It's not your fault. It's not your fault. 最近つらいことがあって、心が沈み込んでいた。今もそうなのだけれども、こういう時は泣かなければならないと経験からわかっている。自分自身が泣きたいのに踏ん張ろうとして余計につらい気持ちになっている。だ…

ノートは、ただ自分の思考を書きだすだけでも効果があると思う。

集中できない自分 自分の為のノート作り おわりに 集中できない自分 何か一つのことに集中して考えるというのが非常に苦手な性分で、それは文章を書くときも同じだ。ついついあちこち気になることが多くて、その分集中度が下がってしまうし、雑念まみれと言…

自分にとってお金持ちというものについて

”お金持ち”で得られるものは? お金持ちになるとどうなるのか? おわりに ”お金持ち”で得られるものは? 「お金持ちになったら何をしたいか、何が欲しいか」という質問はよくある。けれど自分は「お金持ちになったら何が嬉しいか」のほうが面白い質問な気が…

目標は隠すべきか、それとも…。

目標は人に話すと達成できなくなる? おわりに 目標は人に話すと達成できなくなる? www.ted.com 目標は人に話すと達成される確率が低くなるらしい。それは人に話すことで達成したかのような安心感などを感じてしまうからだとか。 話すことの気持ち良さが 実…

毎日の自分なりの発見を大切に。

例えありきたりでも おわりに 例えありきたりでも 人生なんて自分なりの発見をしていくことではないかなんて思う。他人に価値が提供できるというのはとても素晴らしいことだ。それこそ社会貢献というものだと思うのだけれども、人生の中では大部分が個人の個…

入力変換の癖から語彙力を導き出せたら面白いなあ。

変換の”癖” 選択式テストへの違和感 日本語の語彙力を測る機会なんてほとんどない おわりに 変換の”癖” 自宅のPCの変換はさすがに毎日ブログの記事を1500文字くらい更新しているから自分の思い通りに変換してくれて心地が良い。すんなり変換が通ってくれると…

老いと成長の違いについて。

制限と自由 おわりに 制限と自由 ふとメモ書きしていたことなのだが、老いと成長は何が違うんだろうか。子供の頃にできなかったことと現在においてできなくなったこと。この二つの差についてちょっと考えた。 子どもの頃できなかったというのは、背が小さく…

自分の感情を否定すると地獄を見る。自分との約束を設けて自分を大切にしよう。

症状などはわかるが、対策は? そもそもの原因はなんだろうか 判断をしない撤退ラインを作り防衛する おわりに 症状などはわかるが、対策は? dot.asahi.com togetter.com 事務課リー @zimkalee2016-09-22 14:19:04 2年ほど前に購読した「自衛隊メンタル教官…

割れ窓理論とおせっかいの悩みについて。

割れ窓理論を防ぐボランティア? 軽微な問題の塊の裏には大きな問題が潜む? 手出し無用なのだろうか おわりに 割れ窓理論を防ぐボランティア? 例えば大学の手洗い場がびちゃびちゃに濡れていたとしよう。すぐ近くに拭くものがあったとする。これを自分が拭…

下書きの面白さと一記事ごとのクオリティについて思っていること。

自分が記事を書くときのスタイル おわりに 自分が記事を書くときのスタイル ここしばらくの記事について、実は兼ねてから下書きとして保存していたものだった。下書きはブログを始めてからどんどん貯めていて、数えてはいないがそろそろ50以上、100未満くら…

自分の哲学となった言葉、絵本作家になるには?

自分で名乗ることから始まる おわりに 自分で名乗ることから始まる 自分の職業観の柱になっている言葉がある。いつだったかどこかで「絵本作家になるには?」という質問があったのだ。絵本作家を目指している人がすでに絵本作家として働いている人にするよく…

AIに職を奪われるというのはどういうことか?それは本来の価値を奪われるということかも。

AIが人の仕事から奪うモノ 本当に人が求めているものを提供できるか AIの成長は市場の成長に比例する? おわりに AIが人の仕事から奪うモノ AIという単語を最近よく聞くようになって特集なんかも組まれるようになったと思う。そうすると人とAIの関係について…

誰にも言わないんでほしいんだけどと言われたら忘れてしまえばいい

秘密を最大に守るには…忘れる? 形のないような人 おわりに 秘密を最大に守るには…忘れる? うわさ話が好きな人とか悪口が好きな人ほど「誰にも言わないんでほしいんだけど…」といっていろいろ話したがる。これは罪の共有というか、秘密を共有することで仲良…

コンスタントに記事を書き続けることでわかる自分にとって最適なテンション。

自分が書くときに一番最適なテンション おわりに 自分が書くときに一番最適なテンション コンスタントに記事を書き続けているけれども、不思議と自分の書くときのテンションが一定になってきた気がする。というよりも書く前に自分のテンションを”書くとき用”…

失敗を失敗として感じさせないように見方を変えさせること。心理的安全性の話。

失敗の見方を変える 失敗に対する心理的安全性の大切さ まな板にしようぜ!の心理的安全性 先人としての役割 おわりに 失敗の見方を変える 年数を重ねると失敗に対してたいしたことじゃないと受け止められるようになるんじゃないか。そして、それがもっとも…

人からの頼み事と仕事観について

人の頼みを断れない 自分にとって楽で相手にとって難しいモノ 仕事と頼みごとについて 嫌な頼みごとをする人からは逃げる おわりに 人の頼みを断れない わりと人の頼みを断れない性格をしていて、いろんなことをやってきたような気がする。宿題だってノート…

鬱っぽいときは笑ったり、キャラクターから力を借りる

うつっぽいと思ったら キャラクターの言葉で性格を乗り越える おわりに うつっぽいと思ったら anond.hatelabo.jp うつっぽいというのは気分が沈みがちだったり、やる気が出なかったり、もしくは過去の自分のミスとか上の人から怒られたことを思い出している…

魅惑のダンスとびっくりするほどユートピア。変な笑いで元気になるものとムーブメントについて。

なぜか元気が出るダンス ポーズの力について ムーブメントについても少し おわりに なぜか元気が出るダンス www.youtube.com この動画がすごく好きだ。このダンスの間の抜けた感じと謎のほのぼの感、そしてリズミカルさ。簡単な動きなんだけどどこか癖になる…

かつてのデスクトップと今のスマホのホーム画面について。

PCのデスクトップとスマホのホーム画面の違い スマートフォンが普及した今現在 ユーザが求めているのはホーム画面ではない? おわりに PCのデスクトップとスマホのホーム画面の違い PCのデスクトップ画面は人それぞれ個性が出るものだと思う。ある人は自分の…

心身相関という単語についてずっと考えている。

保健体育で習った、”心身相関” じぶん・この不思議な存在 心と精神と肉体 おわりに 保健体育で習った、”心身相関” body-thinking.com 昔、保健体育の教科書に「心身相関」という単語が載っていた。心身相関というのは文字通り、心と身体は互いに関係があるよ…

子どもの顔を忘れない、追い詰められても追い詰めない。仕事の流儀の感想。

子どもの顔を常に忘れない ”子どものための”ゲーム作り 仕事の流儀 子どもだから、なんていいわけは通用しない 子どもの顔を常に忘れない 第18回 植村比呂志(2006年6月22日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 プロフェッショナ…

アイディアを思いつく場所は机の上ではない。三上(馬上、枕上、厠上)について。

同じ場所で悩んでもしょうがない アイディアは三上(馬上、枕上、厠上) おわりに 同じ場所で悩んでもしょうがない アイディアとか解決策というのは机でうんうんと悩んでいても全然思いつかないことが多い。よく自分も机で悩むことは多いのだけれども、困って…

自分の第二の原点をもう一度確認すること。外に出して初めて自分がわかるのかも。

ものごころと人生を変えたもの 第二の原点から 第三はなんだろうか おわりに ものごころと人生を変えたもの 自分の第二の原点というのは、いわゆる自分の人生を変えたモノと出会った時点だ。第一の原点というのは物心ついたとき。初めて自分というものが思考…

朝早くから不機嫌でいないことを心がけると決めた

昔は起きるのが苦手だった 自分のスイッチをなるべく早く入れる 機嫌がいい人を演じる効用 おわりに 昔は起きるのが苦手だった 朝がとっても苦手な人は数多くいると思う。自分もその類なんだけれども、朝早いと不機嫌だったりする人は対処にいつも困ってしま…

ひさびさに面白かった666laboratoryの感想。ゲームはどれだけプレイヤーをハックできるのか

ホラーゲームは怖いんだけれども… ゲームの感想。細かい部分に気を使ってくれていてGood ゲームはプレイヤーをどれだけ”ハック”できるのか おわりに ホラーゲームは怖いんだけれども… www.moguragames.com たまたま見かけたのでブラウザでさくっとやってみた…

歌に心を重ねる気持ち

歌が人を救うなんて絶対ウソだと信じていた その歌をどういうメッセージとして受け取るかということ おわりに 歌が人を救うなんて絶対ウソだと信じていた 昔は歌を聞いて泣いたとか感動したなんてことをまったく信じていなかったし、そんなことに憧れもしな…

瞑想について最初に感じていた誤解とやってみて感じたこと

瞑想は長いし、黙って座ってるなんてヤダ? 呼吸に意識を向けるという難しさ 自分の経験談 気軽に背伸びするように瞑想したほうが続きやすい おわりに 瞑想は長いし、黙って座ってるなんてヤダ? 前から瞑想には興味があったのだけれどなかなか手を付けられ…

真面目と言われること、真面目に生きるということ。

いい子で生きること、それに逆らうこと 自分の居心地の良い生き方 自分で決める生き方 おわりに いい子で生きること、それに逆らうこと 子どもの頃は「いい子」でいることが当たり前だったから真面目とか不真面目ということは考えもしなかった。だって自分の…

神社のお賽銭には何円が適しているのか少し気になった

お賽銭に決まりはあるんだろうか? やっぱり気持ちが大切です おわりに お賽銭に決まりはあるんだろうか? 神社が好きで良くお参りに行く。病める時も健やかな時もできればお参りに行きたい。何もなくたって神社でお参りすると心が洗われる気がする。パワー…

つい試食をしてしまい、買わないたびに罪悪感…。無料がもたらす問題について。

いちばんおいしい。 無料という劇薬 はいふりコースターの悲しみ 詫び石という無料のお詫び問題 おわりに いちばんおいしい。 スーパーで食品を探している時によく「試食しませんか」と話しかけられるのがつらい。なるほどおいしそうな香りをしたものを気軽…

あまり人を疑わないという生き方

とりあえず受け入れるという姿勢 おわりに とりあえず受け入れるという姿勢 自分のポリシーとしてあまり人を疑わないようにしようと決めている。いかにも嘘っぽい話だとか信じがたい話でも「そうなんだ」でなるべく済ませる。別にバカにしてるわけでもなく、…

子どもの頃、大人になったら雨を嫌いになりたくないとずっと思っていた。

毎日のアトラクション 今だってずっとずっと好きでいる 自然の不自由さを嫌う文明 おわりに 毎日のアトラクション 子どもの頃、家に帰るまでに雨に濡れて、おまけに泥まみれによくなっていた。本人としてはまったく気持ち悪くもなく、ざーざー体に当たる感触…

”書く”という行為そのものは難しくはない、問題はそのあとだと気付く

”書くのが難しい”を分解する 書くのが苦手=過去から染みついた苦手意識 ネタがない=ネタの選り好みとあらゆるネタに対して文章が書けない 書き言葉が話し言葉と違ってて変=違和感から成長へ 書く体力不足=書く情熱を見つめなおす重要さ おわりに ”書くの…

相手に見えないからって自分の内側でいろいろ違うことを思考するのは悪いこと?

誠実でいるということの難しさ おわりに 誠実でいるということの難しさ この間本を読んでいてきつい一言が載っていたのが印象に残っている。それは自分の内側であれこれ思考していろいろ言っていることは、相手に伝わってないから大丈夫と思ってるかもしれな…

他人を責めたり世の中に不満をぶちまけるようなことをなるべく書かないようにしている

書いているうちに気付く 匿名ダイアリーの思い出 まだまだ未熟 おわりに 書いているうちに気付く 自分でブログを書いている時に気を付けたいと思っていることは、タイトルの通り。うっかりしていると他人に対して露骨に攻撃的な文章を書いていて、非常に気が…

人の仕事を安易にとってはいけない、自分でやりたがる気持ちを我慢して見守るのは正しいのか

人の楽しみや苦しみ、仕事を奪う行為 故事成語も人の仕事をとってはいけないと戒めている なんでも自分でやったほうが早い病 デキる人、優しい人に多い「自分でやった方が早い」という考え It's none of your business. 子どもの仕事、生徒の仕事 おわりに …

昔はバリバリの理系だったはずだけど、いつの間にか文系だと思うようになった

自分が理系だと思い込んでいたが 理系でいることがメリットだったから自分をだましていた? 文系・理系の無意味さ おわりに 自分が理系だと思い込んでいたが 昔、中学や高校の頃は自分はばりばりの理系だと思っていた。世の中のことは全て決まっていると思っ…