かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

精神論

うまく伝えられない気持ちはコードの絡まりとよく似ている?

悩みの絡まり Speedcabling ChampionShip 悩みの絡まり うまく伝えられない気持ちというのは歌詞や小説なんかでよく取り扱われる題材だと思う。うまく書けないというのは何かを書く人にはついて回る宿命だろう。自分は伝えたい内容がなければ書けないと思っ…

よくあるタスク管理術が苦手な理由と対策。あまり未来を見すぎないように心がける

タスク管理するとタスクが可視化されてつらい 現在に集中することをもっとも大切にする タスク管理するとタスクが可視化されてつらい 自分はタスク管理が苦手で非常に困っているのだけれど、世間一般のタスク管理術を身に着けようとしてもどうにも長続きしな…

なにもしたくないとはどういう状態なのか

なぜなにもしたくないと感じるのかを考える なぜなにもしたくないと感じるのかを考える ときおり「なにもしたくない状態」が来ることはないだろうか。自分はときたまやってきて、今まさにそんな感じの状態である。が、きっちりブログの記事は書こうと思える…

自分の居場所を見つけられないと、続けることは難しい

夢中になることからはじめよう 自分の居場所はなんだろう 夢中になることからはじめよう BIG MAGIC 「夢中になる」ことからはじめよう。 作者: エリザベス・ギルバート 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2017/10/13 メディア: Kin…

戦術を戦略化してはいけないということを考えた

戦術の神格化 個人もやりがちかもしれない おわりに 戦術の神格化 kayanomi.hatenablog.com 最近、何度か失敗の本質を読み返す機会に恵まれたので”戦術”と”戦略”について自分なりに考えてみた。日本軍は個人の戦闘能力と機械の能力の先鋭化が強力な戦術だっ…

大学教育は生き延びられないことに気づけなかった、測られることに慣れすぎた日本人

大学だけじゃない、今の日本人の性質 おわりに 大学だけじゃない、今の日本人の性質 blogos.com 最初は軽く流し読みするつもりだったのだけれど、進めば進むほど絶望度が増していったため全部じっくり読んでしまった。 要約してみるなら、大学の存在は市場に…

動物園に大人になってから行ってみて感じたこと

大人から見た視線 動物園という文字から考える 暗い考え おわりに 大人から見た視線 今週のお題「芸術の秋」、微妙に違うかもしれないが動物園について。 子どもの頃、動物園に見学に行ったことがある。その時は余りにも広すぎて迷子になり、序盤の方でたく…

内向的な自分の場合、ストレスは発散するのではなく和らげる、溶かすもの

ストレスは和らげる、溶かすもの おわりに ストレスは和らげる、溶かすもの 自分の場合ストレスが限界まで溜まるとちょっとやそっとじゃ発散できない。外に出て運動したりということはエネルギーを使い、人ごみにくらくらするからだ。内向的人間は家から出ず…

仕事が長すぎると家で過ごす時間が労働待機時間になってしまう

自由時間か待機時間か 自由時間か待機時間か 仕事が過酷で残業が長いほど家でゆっくりと過ごせる時間は短くなっていく。家についてから寝るだけだと自分の時間はないに等しい。こういった状況を考えると、仕事が終わった後の時間=労働待機時間に思えてくる…

職業適性検査らしきものを久々にやってみた

職業適性検査 取り扱い注意 本人のチェックリスト 上司が目を光らせておいたほうがいいポイント まさかの特記事項 おわりに 職業適性検査 vcap.vone.co.jp というわけで前からちょっとやりたかった職業適性みたいなものを受けてみた。結果は上記の通り好奇心…

人間簡単に怒ることはできるから、なるべく怒りのタネを避ける

なんでも怒ることはできる おわりに なんでも怒ることはできる 想像が豊かなのかわからないが、妄想でもネットの投稿でも物語でも、誰かが理不尽な目に合ったり納得のいかないことがあると自分のことのように怒ってしまう。もちろん外には出さないが自分に降…

習慣を変えるにはまず食べ物から?

すぐには飲み込めないこと 思考と身体は別じゃない すぐには飲み込めないこと 最近になって”自分とは食べ物でできている”ということに納得し始めた気がする。自分とはいったい何者か?実は当たり前なのだけれど、すぐには飲み込めないのが”たべもので出来て…

自分の趣味の周期

少し奇妙な周期 少し奇妙な周期 自分には趣味の周期がある。最近はビジネス系の本を読むことが趣味だ。ちょっと前は小旅行が趣味だった。その前はゲームにのめりこみ、もっと前は小説、ライトノベル、アニメ、映画など。これらが3~4か月くらいの周期で変わっ…

昔、思春期の時は読書を信仰していたけど、ある時目が覚めたという話。

すべてが不安だらけだった思春期 本のいいとこ、悪いとこ 過激派へ縋る 著者信仰、読書信仰からの解放 当時の自分への解答 すべてが不安だらけだった思春期 自分が明確に思春期だったなあと思えるのは中学から高校にかけてだったと思う。そのころから読書に…

自分がブログを書きたくなる時は点と点を結び付けたくなるとき

点と線の考え おわりに 点と線の考え 今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」がとっても素敵だったので書きたいと思う。こういうお題が出るとぜひ書きたくなるし、他の人たちの文章も見たくなる。 自分がそもそもブログを書きたいと思ったきっかけはア…

自分が考える天職について

お金で天職を測る 自分の人生を振り返る 内向的人間だから自分の時間を大切にしたい 気になることを調べたい やりたいこと おわりに お金で天職を測る togetter.com 今まで人生で一番お金をつぎ込んだものに携わる仕事が天職というのは面白い視点だなあと思…

Linkin ParkのNumb から感じた親への息苦しさとか

Numb 歌詞それぞれに思うこと おわりに Numb Linkin Park の Numb の歌詞が良かった。PVももちろん良い。 Numb (Official Video) - Linkin Park あんまりちゃんと歌詞を読み解こうとしていなかったのだが、ふと思い立って調べてみるとずいぶんいい歌詞だった…

自分なりの生活が退廃的になったときのリセット方法

退廃的なものをもとに戻す 退廃的なものをもとに戻す togetter.com 生活が退廃的になったらやるべき事1.部屋の大掃除2.財布のレシート整理3.きない服を断捨離4.無駄な飲み会の誘いを全部断る5.半身浴しながらリンパマッサージ6.好きな音楽をかけながら料理7.…

感覚派な生き方

自分の言葉で説明することを楽しむ おわりに 自分の言葉で説明することを楽しむ 例えばランニングを新しく始めて徐々にうまく走れるようになったりすると、自分の中にコツみたいなものができると思う。それは自分の中の感覚やイメージそのもので、それをうま…

鍵がとんでもないほど苦手

なぜか守れない 学校では一般的にできることができないとつらい 対症療法的対策 おわりに なぜか守れない 恥ずかしい話をしようと思う。鍵がとんでもないほど苦手だ。物理的な鍵を自分は守れる自信が本当にない。鍵以外にも重要なものとか忘れちゃいけないも…

人に教えるときの基本と、失敗の本質の反省が活かせていない現代日本企業

特定個人に期待をかけすぎない 根性や努力という曖昧なものに頼るシステム 失敗の本質に似ていないだろうか? それは本当に特定個人の問題か? 人ではなくシステムを信じる おわりに 特定個人に期待をかけすぎない 自分は一度教えたことを何度も聞かれても別…

Whyがないものには魅力がない、続かない

なぜ?が一番大事 Whyから始めよ! なんでもWhyに応えられるようにする おわりに なぜ?が一番大事 ちょっと好きだなあと思う言葉が「人間はシェアしたがる動物である」というもの。これはTwitterとかSNSか何かのサービスについてそもそも何を目指すのか、何…

いじりは会話ではない

いじりは便利だから おわりに いじりは便利だから 人のことをからかったりいじったりを続けることは会話ではないと思う。たまにボケたりツッコミどころがあったり、天然だったり、いじられキャラの人がいると思う。そういった人たちをよくいじる人たちもいる…

プロという言葉の意味を少し考えてみた

プロってなんだろう 職人的なプロ おわりに プロってなんだろう 最近プロってなんだろうかということを考えていた。プロという言葉は身近にあふれていて、平たく言えば専門家であるということだろう。もっとあいまいな言葉の意味でとらえるならばプロ=プロ…

頭を冷やすにはお風呂に入って体を暖めてから?

頭を冷やす方法? おわりに 頭を冷やす方法? 最近になってちょっとイライラしてしまったり、ちょっぴりショッキングなことなどがあって精神的にちょっとつらい思いをしてストレスが溜まっていた。今日もなんだか疲れたなあとしみじみ思いつつ、どうにもムカ…

人との関わりがなければわからない常識

ボーリングの球 ドリンクバー おわりに ボーリングの球 すごく簡単で常識的だったのかもしれないが、自分一人ではまったく気づけなかったことがある。本当に簡単なことなのだけれど、自分にとってはわりとショックだった。それはボーリングにいろんな人をま…

見えないリスクとのトレードオフで得られるもの

リスクを認識できているか? おわりに リスクを認識できているか? www.kandosaori.com 上記記事についてちょっと気になって自問自答したので書いてみようと思う。別に批判記事ではないのでご注意を。(普通の道路で車がよく来るにも関わらず)わりとよく赤…

完璧を目指すよりまず終わらせよう

完璧をめざすことは良いことか 終わらせると価値が生まれる おわりに 完璧をめざすことは良いことか zinsoku.com Done is better than perfect. 完璧を目指すより、まず終わらせろ。この言葉をふと最近思い出した。あれもこれもきちんとやりたい、そのうえで…

メモをすぐ公開できるようにすることでやる気を守る

怠惰だからメモは近くに おわりに 怠惰だからメモは近くに 最近メモを増やしていなかったのでメモを増やそうと思う。メモとはいわゆるネタみたいなもの、もしくは本文になり切れなかった題材のカケラである。ちょっと思ったこと程度をブログの下書きに保存し…

よく人から隠れる行為をしてしまうことについて

悪気はないけど…逃げる ゆっくりと場を読む おわりに 悪気はないけど…逃げる 自分はよく向こう側から来る人とか自分の行く先に知り合いがいるとつい隠れたくなるし、実際隠れたりしてしまう。これのせいで印象が悪くならないことを祈りたいのだが…。別に話し…