読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かやのみ日記帳

アニメ、ゲームの感想や思想などを書きます!

5歳の子どもにできそうでできないアートはすごく面白い

タイトルから挑戦的な本 本物と偽物の差は?何がいったい芸術なのか? 文章や言葉は全て他人のものなのか? もうすべて出尽くしてしまったのか? タイトルから挑戦的な本 以前から現代の芸術作品について理解したいなと思っていたのだが、その欲求そのままの…

本を読むのも文章を書くのも今は運任せにしている

本に出合うのは一期一会の無意識的な運任せ 記事を書くのは自分の心の整理とタイミングの運任せ 成長することは大事だけど、方向を見失わない成長をする 本を読むことと文章を書くことというのは表と裏、入力と出力といったセットのように語られることが多い…

世の中にたえて桜のなかりせば。素直じゃない表現のいじらしさ。

桜に思いを馳せる お題「好きな短歌」 記事を書くのに困ったのでお題スロットを回して出た「好きな短歌」について書きます。好きな短歌は何ですか?と聞かれて即答できる人はなかなかいないと思いますが、自分はコレ!と決めているので困りません。 ちなみに…

「子供に小説は書けない」に対する反論。自分なりに「書く」ということに答えを出すこと。

子供に小説は書けないという批判は適切か 大事なのは心 「子供に小説は書けない」という意見に対しての自分の結論 ncode.syosetu.com こういうものを見ると心が毒される。自分の中で弱っている部分に直接ダメージを食らうように感じる。自分もブログを書いて…

ある日ものすごく人間が嫌いになった日があった。そのおかげでわかったこと。

わからないけど、とにかく人間嫌いに 人間嫌いになってわかった絶望 おわりに わからないけど、とにかく人間嫌いに なんというか、凄まじく気分が落ち込んでしまった日がある。別に何かがあったわけじゃない。ただ気分の落ち込みが酷かった。幸いにして休み…

ケータイのおもいで。三行ブログ大好きだったなあ。

特別お題「おもいでのケータイ」 はじめてのケータイ インターネット+ケータイ メールマガジンの思い出 はじめてのケータイ 昔ケータイを買うときはもんのすっごい悩んだ。近くのケータイショップのカタログをあらかた貰って帰った覚えがある。キャリアはau…

一芸に秀でた人たちが非日常を記録したものに感動する

おわりに 小説家になろうでよく読むジャンル、というか唯一読んでるジャンルは「エッセイ」。なんていうか、書き口が洗練されている。そして書き手も読み手もなんだか肥えている。それでいてブログよりも荒れているようには見えないし、そこまで苛烈な書き口…

昔、高校の物理で感動したドップラー効果の話。自分で手に入れた真理と血肉化について。

ドップラー効果基礎 自分で疑問に思ったことを試して感動 自分で掴んだ真理の重要性 おわりに ドップラー効果をご存知でしょうか。救急車が遠くからやってきて、目の前を通り過ぎる際に、音が変化する現象が有名な例です。こちらに音の発生源が近づく場合、…

戦術・戦略が頭に入ってこないのをゲームで疑似体験して血肉にする

戦略は高校の古典から たまたま出会った転機 実際にやってみてうけた衝撃 おわりに 現代において1000~2000人を率いて戦闘行動をとったことのある人はほとんどいないでしょう。まあ運動会とか催し物やイベント会場の誘導などで人を率いることはしたかもしれ…

大学図書館を積極活用しよう!たくさんリクエストしちゃえ!

ガンガンリクエストしてしまえ! リクエストの効用 司書さんと仲良くなろう おわりに kayanomi.hatenablog.com 先日のエントリが大学関係の皆様の目に留まったので、今日も大学関係エントリを書こうと思います。上記エントリは完全に遅刻しているので、今後…

シャーペン・えんぴつからの卒業。今ではすっかりボールペン。

一般に言われるボールペンのメリット・デメリット 実際に大学で使ってみてどうだったのか まとめ 今週のお題「卒業」 ということで、えんぴつ、シャープペンシルからの卒業を書きたいと思います。学校の卒業を思い浮かべますが、私の場合えんぴつ、シャーペ…

何回も見た映画、グッドウィルハンティング。自分には新規性があるだろうかと考え、反省する。

主人公は天才だが…どうしても足りないものがある 引用を繰り返し、自分で探したり見つけられないのか? お題「何回も見た映画」 今日はお題スロットを使って書いてみようと思います。 私が何回も見た映画は、グッドウィルハンティングです。 www.youtube.com…

初めて泣いた絵本・葉っぱのフレディ

父親がオススメということで借りてきた 朝から号泣して学校行きたくなくなる もみじの素敵さ、そして暖かい思い出 ブログを書くために調べてびっくり、もみじとかえでの違い まとめ 本日は初めて泣いてしまった思い出話をひとつ…。 みなさまは人生で初めて泣…

本ネタ・その2 図書館の貸し出しカードと読書通帳について。ほしいなあ。

貸出カードについて 読書通帳!? まとめ 本ネタ(?)その2です!なぜか勝手にシリーズ化? ともかく栞ネタを先日投稿してから、読書で気になっていたことを調べます! 今回は、昔懐かしの読書カード。貸出カード。図書館のアレです、アレ。 今でも使われて…

本ネタ。新潮文庫は栞(スピン)付き?そして研磨本の話。

よく栞を紛失してしまう 本についてる栞の紐について スピン付きのデメリット 研磨本の話 まとめ (追記)星海社文庫はラノベ専門? 本を買ったとき、ちょっと邪魔だなーと思ってはずす紙。 pro.bookoffonline.co.jp あれ、スリップというらしいですね。 Googl…

なんで勉強するのか?下剋上受験というタイトルの気持ち悪さ。それに対する自分の答え。自分で狩りをしよう。

勉強は一方的に殴られて理想の人間になれと脅されるようなもの 楽しいと思えるのは? 勉強が役に立たないといわれるわけ 勉強と受験勉強は違うのか?自発的に学ぶ価値を知らないんだろう。 教育ママ・パパの圧倒的な気持ち悪さ。 下剋上受験というタイトルの…

殺したい蕎麦屋、感想。もうタイトルだけでお金払っていいやと思った。そして男は蕎麦打ち大好きだよね。

殺したい、ってどういうこと? 蕎麦に対する日本人の庶民的感覚を自覚し、共感する もはや蕎麦は日本人の本能に根差しているのか、蕎麦問題の様々 自分にとっての殺したい蕎麦屋 まとめ 殺したい蕎麦屋 (新潮文庫) 作者: 椎名誠 出版社/メーカー: 新潮社 発…

なぜ私は本屋さんに入り浸るのか?そしてなぜトイレに行きたくなるのか問題。

私はどうしようもなく本屋さんが好きだ 併設店の香しい大変な誘惑 図書館はどうでしょうか? 難点、トイレ問題。 まとめ 私はどうしようもなく本屋さんが好きだ どうしようもないタイトルから始めるが、どうしようもなく好きだ。本日も気づいたら1時間は過ご…

なぜ飲食店で店員の雑談にイライラするのか? CoCo壱番屋 答えはすべてお客様にあり 感想。

営業中の店は舞台そのもの。客はご飯だけを食べに来たわけじゃない。 アンケートを丹念に分析して、改善する姿勢 常連客とたまに来る人、どっちが大切なのか? 他の章にもお宝ざっくざくな書籍 まとめ 営業中の店は舞台そのもの。客はご飯だけを食べに来たわ…

文章を書くスピードをなぜ遅く感じるのか、そして全ての人の読書スピードが最大化された未来はどうなる?

10000文字書くスピードは? 10000文字書くまでどの程度かかるのか、測ってみたくなった。定点観測することで文章を書くスピード、自分の頭の中の整理がどの程度早くなるのか興味があったからだ。 絵描きさんがTwitterでやってる5分お絵かきとかそういう類の…

作品に対してよくできた撮影と独自解釈して安心させることもできる

精神安定とか作品への感情移入の切り離し 作り話だったのか、という安心 あとがき 精神安定とか作品への感情移入の切り離し 実はLeft 4 Deadをやったことがないのだが、この作品は「映画撮影」というメタな設定が組み込まれているらしい。ゾンビに襲われる悲…