かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

ホワイトボードの進化した先はどうなるんだろうか

 

ホワイトボードの便利さと不思議

japanese.engadget.com

上記記事を見てふと、ホワイトボードって万能感あるなあと思った。仕事でも研究でも大人になってからはやたらと目にして使うようになったと思う。なお上記記事に関することはこれで終いである…。申し訳ないが、横道に思いっきりそれさせてもらおう。

 

子供の頃は黒板だったのかもしれないが、落書きやいたずらをしたりするのに使うことが大半だったので基本的に触らせてもらえなかった。それに手が汚れるのでほとんど書きたいとは思わなかったことも大きい。

 

大学に入ると講義もホワイトボードで扱うことが普通だった。研究室に入るといよいよ本格的にホワイトボードを使い始めることになった。なにかにつけてホワイトボードがひっぱり出されていた気がする。先輩方が研究テーマについて議論し始めたときには必ずそばにホワイトボードがあった。

 

ホワイトボードに求められているものはなんだろうか。おそらくすぐに書けて、大きな面積を持ち、消すのが容易であることなのだろう。これらは電子化ではほんの少し難しい。コスト面もそうだし、反応が鈍かったりする。

 

なぜホワイトボードが選ばれるのか。ホワイトボードに変わるものはないのか。どうやらホワイトボードは1985年ごろから流行り始めたとWikipediaには書いてある。それから20数年がたっても未だに現役である。そんなことを言ったら黒板の歴史には敵わないが。

 

案外今後のホワイトボードからの進化はスマートスピーカーなどの自動文字起こしと画像生成などに取って代わるのかもしれない。これは願望だが、議論をしているなかで自然と議事録のように話している内容がボードの上に自動で文字に起こされていくといいなと思う。

 

そこまでの頭の良さを実現するのは難しいかもしれないが、要は人類がだんだんと手で書くという作業からゆっくりと解放されていったら面白いなと思う。前にも書いたが、現代の子供の一部はすでにパソコンのキーボード入力ではなくスマートフォンのタッチ操作に馴染んでいる。デジタルネイティブな世代だ。

 

そういったネイティブらしい感性をもとに、今後文字を書くよりも言葉を話して整理してもらうことがより馴染んだ世界が訪れたとき人類の思考や生産性がより変化するのかもしれない。

 

ホワイトボードはたしかに便利で、文字や記号、数式、図表を自由自在に配置して瞬時に書き、思考を整理することができる。が、その速度を超える未来がこないだろうかとほんの少し期待もしている。

ネットの評判と現実の差異について

 

大学の悪い評判探し

昔、大学選びをする際に悪評を知りたがっていた時があった。良い評判よりも悪い評判のほうが当てになると思っていたからだ。そうして悪評を聞いたり世間一般の意見を聞くとみるみるうちに落ち込んだ。やはり偏差値は高いほうがいい、将来のためになる…。

 

そうして自分が受ける大学に対してレベルが低いだとか、そういったコンプレックスを感じることになった。偏差値が低い大学に行ってもしょうがないのに行かなきゃいけない、勉強してなかった自分が悪い…などなど。

 

自分で良い大学だからと選んだはずなのに、いつの間にか世間の偏差値信仰に染まっていたのである。とはいえ高校生の自分にとっては自分のことを信じられず世間のほうが正しいとしか感じられない年頃だった。受験というのは自分の自信をなくす苦行みたいなものだから、なおさらだ。

 

人は不安になると悪いニュースを聞きたがる動物なのだろうか。今よりももっと悪い状況であると認識したいのか、わからないけどそういう傾向はあると思う。ネガティブなときはネガティブな情報を集めてさらにネガティブになりがちだ。

 

そうして若干自分に失望しつつ入学したわけだが、入って周りを見渡してみるとみんな明るいのである。とりあえず大学に入学できてよかったねと。ただ一部の人は若干こじらせてしまっている。自分はもっと上の大学に行くべき人間だったのにという感じだ。

 

自分は最初もっと自分も頑張って上の大学にいければよかったのにと後悔していたけれど、入学してから周囲がのほほんとしているのに感化されて?自分の大学もけっこういいもんじゃないかと思い直した。

 

なにより環境のせいにするのはもったいないとも思えた。勉強はどこでもできるわけだから、レベルが足りないと思うなら自分でやればいいだけである。とはいえ大学の授業はそれなり以上に難しかったので心底この大学でよかった…と思ったのだが。

 

で、思ったのはネットの意見がすべて現実の意見じゃないよなあということ。当たり前なんだけれど、ネットだと何人の人がしゃべっているのかよくわからないし、尖った意見ばかりに集中しがちだ。

 

現実で話してみるとネットに書き込んでいるという人は意外と少なかったりする。ましてや自分が見ている範囲と同じ人はそうそうはいない。案外自分が見ているところは狭いのだ。世の中黙っている人も多い。でもそういう人は中立穏健だったり、優しかったりする。

 

まあ自分は大学を楽しんで過ごせたと思う。勉強も研究も人付き合いもなかなか楽しかった。もちろん毎日の食事も楽しかった。だから自分の大学の偏差値とかそういったものは全然関係なかったなあと思う。入学するときに得られると期待したものとはまったく違う貴重なものが手に入ったと思う。

 

世の中の大学に対する見方は就職予備校なんてひどい呼び方があったりするものだし、親御さんも大学に行く理由はそれだと思っているフシもある。それが一番わかりやすい指標だといわんばかりに。でも大学に入ってすごす当人たちの体験はひとそれぞれなのだ。

 

自分が見ている範囲が狭くないかと気づくのはすごく難しいと思う。そして見ている範囲の意見が全て正しいと思ってしまうのもよくあると思う。が、やりすぎると浮いてしまう。周囲と合わないというのはストレスだ。なるべくなら周囲と自分の意見に折り合いをつけて過ごせたらきっといいのだろうなと思う。

 

 

”すべる”を言えなかった日

 

受験生のNGワード

今日は都心で雪が降り積もり、あちこちでスリップしている車や人を見かけることが多かった。滑らないようにするコツがあるかはわからないが、ともかく歩幅を狭く、足の裏全体で踏みしめるように歩くと安全な気がする。一番は目視で凍っている場所を歩かないことだ。そしてできれば外に出ないこと。

 

みんなが滑ってしまっているなか、ふと思うのは受験会場のお手伝いをした日である。受験会場への案内みたいな感じだったのだが、全体に大切な通達があった。間違っても”すべらないようにご注意ください”とか言わないようにと。なるほど受験生への配慮か。

 

とはいえ人間、笑うなと言われれば笑ってしまうのが生理現象。有名なのはピンクの象を思い浮かべないで!とか。どうしたってピンクの象を想像してしまう。どうも脳は否定語を理解できないとかなんとか。否定の前に先読みしてしまうのかもしれない。

 

なので”すべる”を禁止されるとどうにも他の単語に危険なものが混じってないかなど要らぬ心配ばかりしてしまう。自分の言葉のほうがカチコチになっているみたいにも思えた。妙に緊張した覚えがある。うっかり自分の緊張に笑いそうになったりとか。最後には疲れと慣れでなんともなくなったが。

 

他にもマニュアルというか知恵?を休憩中に聞いた気がする。受験生が転んでしまったら手助けして、いますべったから本番はすべらない!とか。ものはいいよう、考え次第、病は気から。励ますのだ。熱く。

 

ともかく実力を万全に発揮するには心のポジティブさが大事なのだから道理や理屈はあとにくっつければいいのだろう、なんてしみじみ思ったりした。きっと大切なのはそういう暖かな気持ちなんだろうなあと。そんなことをちょっぴり思い出した。

受験中にやってしまった頭のおかしいこと

 

受験ってこんなに大変だったっけ?

今週のお題「受験」ということで自分の思い出だが…もちろんのこと良い思い出はまるでない。思い返してみると奇行だったなあというものが多い。当時はいっぱいいっぱいで全て受験に捧げていたから気づけなかった類のものだ。

 

受験がいよいよ大詰めになった11月くらいは本当に酷い精神状態だったのを思い出す。寝ようにも寝れず布団の中で英単語を復習しなければならないと思い、英単語を何度も思い浮かべながら寝落ちしなければ”もったいない”と思っていた。

 

受験では無駄がもっとももったいないものだ。とはいえ日常の普通の時間に焦りを感じ、少しでも勉強をしていないと落ち着かなかったのも事実だ。それはもはや脅迫概念というか、悪霊に取りつかれているというか信仰というか…。

 

布団に入って寝ている時は睡眠学習だとかなんとか言って、寝る直前に覚えるのが学習効率がよいと思っていた。だからたくさん詰め込み、夜更かしをして、気絶するかのごとく寝ていたのだがそれでも足りなかった。(意味が分からない)

 

そこで自分は寝ながらリスニングのCDを聴けばいいじゃないかと思いついた。イヤホンを耳にさし、音量を最低にしつつぐっすり寝ついたのだ。病気である。

 

さすがにこれはノイローゼ一歩手前までいったような気がする、というかそもそもこの時点で相当アレだが。ここまで根を詰めてもダメだ、寝たほうがいいというか睡眠は削っちゃダメだという当たり前になんとかたどり着けたのは運がよかった…というべきなのだろうか。ともかく睡眠だけは自分の心のオアシスだった。

 

他の突飛な頭のいかれた行動のひとつは雪が降ったからと言って喜んで室内着のまま外に飛び出し、何故か遠くの公園まで歩いていき(!)、うわごとのように「受かるかなー寒いなー雪だなー…」とベンチに座って死にそうになっていたこと。(ちゃんと雪は払った)。

 

当時は認識していなかったけどよっぽど鬱だったんじゃなかろうか。相当ストレスで心底疲れていたと思う。もう勉強が嫌だという気持ちでいっぱいで、頭の中でずーと神に祈っていた気もする。雪に埋もれて消えたいなー、と自然と想っていた気がする。

 

その後30分くらいでさすがに風邪をひくと思い(遅い)家に戻ったのだけれど、それはもう親に怒られた後で本気で心配されたというかドン引きされた。頭のいかれた可哀想な追い詰められた受験生のありさまである。

 

他にもいろいろあったけれど、だいたいの原因は耐えようがない不安だったと思う。自分の人生にのしかかるはじめての重みは容易に人を押しつぶす。ただ、ずっともがいて変な行動もいっぱいしたけれど全てがまったく無駄ではなかったと思う。

 

受験時の奇行は…自分の精神安定に必要だと本当はわかっていた気がする。自分の不安をとにかく発散したかった、受け止めきれなかった。けれどもそれで周囲に迷惑をかけて、すごく心配されて、そして援助を受けたと思う。だからまあ、間違ってはいたと思うけれど、それなりに悪いことをしたわけでもないと思う。

 

なんだかよくわからないけれども、一番受験と聞いてまっさきに思い起こすのはこんな変な思い出ばっかりだ。思い返すとちょっとした笑い話だと思う。

頭がいいという大雑把な言葉よりも大切なモノ

 

頭の良さよりも大事なもの

学生の頃から思っていたけれど、頭がいいとか天才とかはテストの点がいいとか問題を解くのが早い、難しい問題が解けるといったことに使われていたと思う。それについて自分はなんだか違うはずだと思っていた。本当に頭がいいというのは要領の良さとか将棋が上手いとか戦略面、戦術面などでの熟達だと思っていた。

 

昔から暗記がとても苦手で今じゃもっと苦手になってしまい思い出すのも一苦労なのだけれど、仕事上ではあまり問題にならないことも多い。足りない記憶は検索したり、スケジュールの抜け漏れは管理するものがあればいい。

 

自分の頭で覚え続けなければならない知識はそこまで多くなく、どこを探せばあるか、何を使えばいいかを知っていればだいたいは解決できるように思う。

 

学校の問題は自分たった一人で頑張るだけの能力を測るだけだ。外部の補助的なものもなく、本当に何もない状態で頑張るだけのテスト。だけれど現実は周りとの協力だとか検索、読書などを駆使しないとまったく戦えないように思う。

 

それに大切なのは何をやるのか、やらないか?などの戦略的な部分を決めることだと思う。これを間違うとすべてが無駄になるほどの重要さだ。永遠と素晴らしい能力をたった一人で間違った方向に進み続けては救われない。

 

そう考えると自分の中での頭がいいとか天才だとかそういったことはあまり重要ではなくなり、優れたリーダーや良いリーダーのほうがより重要だと感じるようになってきた。的確に情報を集めて判断し、決断できるようになること。これは自分の人生にも当てはまる。

 

学生のうちはもしかすると決断とか判断をさせてもらえないんじゃないかと思う。その力は部活だとか違ったところで養うことが求められているのかもしれない。だが、実際には社会で必要とされている能力なのだから、そういった教育と評価も盛り込んでやらないといけないんじゃないだろうか。

 

現実ではただひたすら問題に取り組むのではなく、問題そのものが正しいのか、解くべきなのか、問題の問題はなにか…などたくさんのことを正しく判断する必要がある。その能力は簡単には身につかず、方法論も乏しく、教育もなかなか難しい。けれども天才や頭の良さと違い後天的に身に着けるものなんじゃないかと思う。

 

だからか天才だとか頭の良さといったものへの憧れよりも、より自分が現実的に努力して身に着けられる物事を判断したりする力の方に憧れるようになった。ベストセラーなんかに創業者とかの本があったりするのは大人になってくるとこういった情報が欲しくなるからなのかと少し腑に落ちたような気もする。