かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

吉野家の唐揚げ丼は上級者向けではないか…?という感想。

 

gigazine.net

最近話題の唐揚げ丼を食べてきました。いくつか唐揚げ丼には種類があります。

  • 唐揚げ+マヨネーズ+ごはんのシンプルな唐揚げ丼(並:490円 大:590円)
  • 唐揚げ+マヨネーズ+牛丼のから牛(並:550円 大:650円)
  • 唐揚げ+タルタルソース+照り焼きなタルタル唐揚げ丼(並:550円 大:650円)
  • 唐揚げ+照り焼きソース+卵+マヨネーズのてりたま唐揚げ丼(並:550円 大:650円)

私は新商品を食べるときは危険少なめ+シンプルな味を確かめる派なので、並盛の唐揚げ丼を頼みました。

 

出された瞬間、は?と言ってしまった

さて、注文して2分か3分くらいで到着しました。混雑していたこともあり早い。流石だぜ吉野家。と思いつつ目の前に置かれる唐揚げ丼…。ってあれ…?

 

ごはんカバー率足りなくない…?

 

忙しかったからか、唐揚げが少なかったのか?店員さん入れ忘れたの?なんか悪いことした?え、なにランダムで凶だった?ご飯の下にキャベツが敷かれているのですが、もうだいたいごはん。唐揚げは球状だから接地面積も少ない。

 

とはいえ食って見なければわからない。たとえ4個でも味がしっかり染みていれば食えるはずだ。もしかすると極端に濃い味付けなのかもしれない。やみつきになっちゃうのかもしれない…。そう思い唐揚げとご飯の割合を確認しつつ、大切に戦うことを決意した。

 

唐揚げをとりあえず1/2にして、ちょっとずつ味わいご飯をなるべく多く食べる。

…普通だわ。

濃くもないし薄くもない。まあおいしい。ごはん食べれる。でもごはんの量には到底釣り合いそうもない…。マヨネーズはパックに入ってる。かける。もそもそ食べる。飽きてきた。これは…きつい。たまらずメニューを取り出す。今からでも、から牛にできないだろうか。牛丼のたれをぶっかけてもらうだけでもいい。もしかすると卵をつけてもいいかもしれない。

 

唐揚げ丼はちょっと上級者向け?

このご飯の量で4個はさすがに厳しすぎる。5個か6個でもよかったのでは…。なんでこうなったのか。ふと思い出したのがテイルズオブヴェスペリアの移植騒動だ。

jin115.com

XBOX360で不自然に開いていたスペースは未完成であり、PS3版で追加されたキャラクターがいるのが自然な状態だとして騒動になった。完成版商法なんて言われている。

 

これを自分なりに吉野家に当てはめてみる。唐揚げ丼は上級者向けなのかもしれないと。ある意味苦肉の策によって生まれてしまった商品かもしれない。

 

吉野家は牛丼が主食メニューである。だとすると、この空いたスペースは牛肉のためのものではないかというか最初から牛丼に唐揚げを乗っけてくれ。二個でもいいから。たぶんつゆだくにして浸すと最高にうまくなる予感がしないでもない。

 

しかしあくまで新メニュー。唐揚げという存在感を出すには牛肉をサブにするしかない。しかしそうすると価格が微妙なことに。唐揚げだけを味わいたいお客様に満足していただくには…。そういう思いで生まれてしまったのが唐揚げ丼かもしれない。

 

思うにこれは唐揚げのっけごはん(4個)に改名したほうがいいだろう。個数を明記してもよかったのではと思う。そうするとこちらも察することができる。唐揚げ丼っていうレベルじゃないと思った。残念ながら。

 

そうして家に帰って憤懣やるせなく書こうとして調べて気づいた。

 紅ショウガ!その発想はなかった!…工夫する生き物なんだな、人間って。気づかなかった自分も悪いが…。やられた。

 

おわりに

吉野家で唐揚げ丼を食べるときは、上位メニューを初心者は選んで食べたほうがいいと思う。ちょっと安いからと思って食べると難しい。550円からスタートしたほうがいい。

 

もしかするとカスタマイズ前提で注文するものかもしれない。玉子とかネギ玉子なんていいかもしれない。煮卵も選べる。牛丼のタレつきの煮卵のせにすると最高かもしれない。