読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

熱が出たときはブログ更新も休もう。G.W.明けは風邪に注意!

 

G.W.明けの疲れは普通…と思っていたら

togetter.com

 こんなツイートを見かけて大変だよねと他人事のように思っていたのだけれど、まさか自分の身に降りかかるとは思わなかった。そう、昨日と今日ものすごい風邪をひいてしまった!

 

昨日の朝はなんだか疲れがたまってるな…と感じていて、うーん今日は早めに寝て疲れをとらないとなーと思っていた。まあG.W.明けだからいつも以上に疲れがたまっているだけ…?。これぐらいは予想の範疇であると自分に言い聞かせて、もっとしゃっきりがんばらないと!と意気込んでいた…がそれは間違いであった。

 

 

午後から文章を少し書いていたのだけれど、ふと気づくと意識が飛びそうになる。なんだか頭の中にもやがかかっているようだ。相当眠いらしい…と思って「なにやってるんだ!」と自分を叱りつけていた。たるんでるなーと思っていたけれど、どうも体のだるさが増していく。こんなに疲労がたまってたっけ?とか睡眠が足りてなかったのか?といろいろ考えて不思議がっていた。

 

家に帰るころ、妙に背筋が寒くなってきた。全身の筋肉がずきずき痛い。…連日暖かな気温だというのに、この体の震えと寒気…。間違いない…。こりゃ風邪をひいているんだ…とようやく気付いたのだった。

 

気付いたころにはまともな思考能力も残っておらず、体力も限界に達していた。足に力が入らないし、指先がむくんでいる気がする。とにかくこれは…家に帰って寝なければ…という思考だけだった。できればポカリスエットとか栄養の付くものを買って変えるべきだったのだけれど、残念ながら思考能力の著しい低下により何もできなかった。

 

家に帰って本格的に発症

さて、家について楽な服に着替えてベッドに横たわる…。寒い。暖房すらつけたくなるくらい寒くて笑ってしまった。ともかく毛布と布団を厳重に空気が入らないようシャットアウトして包まる。体温計を探して脇に挟む…。そこまではよかった

しばらくして自分が寝ていることに気づいた!体温計は当然落っこちている。こりゃ相当重症だ。ともかく体温計で熱を見なければならぬ…。ひいこら寒い寒い言いながらなんとか意識を保ってピピピッと音がするのを待った。二回目はなんとか測れた。

 

 

震える手で体温計の表示を見る…37.6℃。うーん。やっぱり風邪か。まあそこまで酷くはなさそうだ。いったん疲れているし1時間くらい寝てみて元気があったらご飯を食べよう。何かあったかな…と思ううちにバタリと寝てしまった。

ふと目をさますと異様に布団の中があっつい!赤外線ストーブを直に当ててるぐらいに!なんじゃこりゃー!?と思って自分の体を確かめると汗びっしょり。おまけに寒気がガンガン増して、しかも頭をちょっと持ち上げたり下げたりするとガンガンガン!いったい!

 

恐怖の三回目の体温測定

…三回目の恐怖の体温測定…結果。38.4℃。…えぇ?そんなバカな…。今って五月でしょう…。なんで五月にこんな高熱にかからなきゃいけないんですか…。こんなにひどい風邪にかかったのは数年ぶりだ。インフルエンザもご無沙汰だし、本当に珍しい。

ともかく着替えて水分補給…。ポカリスエットがないので仕方なくオレンジジュース。それでいいのかわからないけど、とりあえず3杯ほど飲む。とたんにお腹を壊す。もちろん下痢。頭も痛いし踏んだり蹴ったりだ。冷えピタがあったので額に張り付ける。すっごく気持ちいい…。

ともかく水分補給と着替えも済んだことだし、体温を上げて病原菌を撃退せねばなるまい。めっちゃくちゃあっつい布団にもう一度包まるしかない…。今度はなかなか寝れない…というか意識がとぎれとぎれに過ぎていく。苦しい。だいたい5分~10分くらいの時間がとぎれとぎれに過ぎていく感覚。自分の体のあちこちが激痛を訴えてくる。

 

がんばってブログの更新をしてしまった

ふと気づくと9時くらいである。熱は下がったかな~と測ってみても38.1℃。こりゃ相当だ。頭も朦朧としててとても何かをやる気分じゃない。枕元には読みかけの勉強の哲学があるけれど頭に入ってくる気がしない。だが…ブログは書かねばなるまい…。毎日更新してるのだ、意地でも書かなければ…。だが何を書こうか…?

そう思って布団で過ごして10時ごろになんとか記事を書いたのだけれど、正直指がむくんで打ち間違いも頻発して大変だった。推敲も全然してないし、そもそも書く気力がほとんどなかった。というかあんまり記憶がなくてちょっと怖い。

ブログ記事を書き終わった後安心して体温を測ると38.9℃と本日最高記録を更新した。絶句した。こういう時にあー死ぬんじゃないですかね、コレ…みたいな気持ちになる。体中痛いし、いっそころしてくれーうぁあ~とうめきつつ冷えピタを取り換えて寝た。

 

おわりに

翌朝、体温を測ってみると38.3℃まったくもって下がる見込みなし。風邪の強さに驚くばかりだ。G.W.のせいで体の免疫力が下がったとかそういうわけではないと思う。単に運が悪かっただけだと思うのだが…。ちょっと元気が出てきたので熱が38℃出たときの対処法をスマホで調べてみると、とんでもない記事ばかり目に入ってくる。

 

38℃で出社するのは当然とかそういうのである。まあ今回38℃の熱を出しているなかでブログ更新している自分が言うのもあれだが、熱が出たら休もう。無理してもいいことはない。というか無理に無理を重ねたときが一番怖い。何をしでかすかわからないし、自分の体が万全じゃない以上、どんな事故も起こりうる。正直家に帰るまでにふらついて事故にあってもおかしくないな、と思っていた。

 

というわけで今後は風邪をひいたらブログ更新はお休みします。翌日にまとめて更新という形をとらせていただきます。みなさんも風邪をひいたらまず自分をいたわってあげてください。(なおまだ熱が下がってません…)