かやのみ日記帳

読書の感想や思想を毎日書いています!

ライフイベントを使って自分の潜在ストレスを測る。ポジティブな出来事もストレスになりうる。

 

ライフイベントとは?

www.nhk.or.jp

なんだか最近疲れている、眠れない、緊張している、楽しめない…そういった時ストレスを疑うと思う。ストレスの大部分はネガティブな出来事に起因することが多い。例えば周りの人間関係によるトラブルだとか金銭トラブルなど。だが、こういったネガティブな出来事がないにも関わらず、体や精神が不調な時がある。

そんな時はライフイベントを使って測ってみることを薦めたい。ライフイベントとは、その名の通り「人生での出来事」という感じだ。自分の生活における転換点といってもいい。ちょっとした通常の出来事とは違ったものを指す場合が多い。このライフイベントにはネガティブな要因に加えて、ポジティブな要因も含まれている。

例えば新しい趣味に目覚めて活動的になるとか、何かうまくいったことがあったとか。こういったものもストレスの要因として点数をつけて測るのだ。普段ストレスというとネガティブなイメージもあるが、実際ストレスというのは意味的には精神にかかっている圧力、負荷を意味するのでポジティブな要因でも精神が少し緊張状態になるならば十分ストレスになっていると言える。

 

成功してる時、順調な時ほど無理しがちでストレスに

成功している時、物事が順調に推移していると思っていても実は隠れて自分の内側に疲れを貯めていることもある。精神がハイになっていると勘違いしているためかもしれない。だが、どこかしらに不調のサインが見え隠れするときもある。食べる量が増えた、減った、時間がバラバラになった、間食が増えた、寝る時間が多い、少ない。

自分にとって良い影響だと信じてしまうときもある。急に活動的、活発になって外出などに明け暮れて、大量にご飯を食べてカロリーを急速に消費!となっていた時期もあった。体はすこぶる健康だと信じていたのだが、二~三週間後に急に体調を崩してなかなか立ち直れなくなるときもあった。体の緊張のサインを自分にとって吉兆だと信じてしまったのが敗因だったと言える。

だからあまりに精神的に順調だとしても、ほんの少し危ないサインをつかみ取ったとき、ライフイベントを見直すことが大切だと思う。ライフイベントの項目をチェックして一度測ってみて客観的評価から自分の今後の体調管理を考えると言ったことも大切だ。

ちなみに自分の状況を測ろうと思い、ライフイベントのチェックをしたところ300点少しオーバーだった。最近ポジティブなイベントが重なって順調だったはずなのにも関わらず、どこか体の調子が悪く日に日に疲労が重なっていた。今回測ってみてライフイベントの点数で見て、現在高ストレス下にあるとわかったので休息をより大切にしなければならないな…と思うことができた。よって休日に外出する予定だったのだけれどキャンセルしたいと思う。このような状況で休日に外に出るよりも、家でじっくり充電期間を過ごしたほうが良いはずだ。

 

おわりに

自分の体調を正確に測ることはなかなか難しい。というのも測ろうとする自分は自分の現在の体調、精神に影響されるからだ。例えば露骨にイライラしているときは自分の体調を正確に測ろうとは思えなくなる。冷静じゃないからだ。自分がトラブルに巻き込まれているとは考えず、自分以外が悪いとか考えていると自分の体調に気づけなくなってしまう。もしかすると自分の体調が悪いからトラブルになっているのかもしれないのに。

 

逆に自分の体調がどこまでも調子がいいと勘違いし、人のことを沢山手伝って感謝されることに夢中になってたりすると後々その反動が倍になって返ってくることが多い。自分の成長のためだとか、将来の為にと頑張って自分自身に無理をさせるための立派な言い訳をこしらえてしまうからだ。

 

そういった時にポジティブな要因もネガティブな要因も同じレベルで点数をつけて冷静に自分の身体状態を測ることを癖にして、自分の無理を最小限に抑えられるようになりたいなと思う。