かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

休日を特別扱いしない

 

休日に無理して頑張らない

今週のお題「休日の過ごし方」ということで最近なにをして過ごしているのかを書いてみようと思う。特に特別なことはしていない。ただ家で過ごす時間をなるべく長く取ろうと思っている。それがなかなか難しいのだけれど…。

 

どうも自分はストレスがたまると少し外に出て時間をつぶす癖がある。また何か買い物をして気持ちを紛らわすことも多い。だからうっかりGoogle Homeなんかを買ってしまいすっかり遊んでいたりすることもある。

 

休日に体力を回復しようとかもっと有意義なことをしようと頑張るのはやめようと思った。休日を平日のように過ごそうとは思わないが、自分のできる範囲でやりたいことをやればいい。休日をあたかも貴重なもので得難いモノと扱うとあっというまに失くしてしまう。

 

そうじゃなくて平日も休日も平等にというのが最近のモットーだ。休日にばかり負担をかけてしまうのも苦しい。平日にできないことは休日にもできなくていい。休日にできることは平日にもやってみてもいい。

 

だから無理して休日を満喫しようとか、休日の努力が平日を救う…みたいな考えはやめていこうと思っている。もちろん貴重な時間ではあるけれど、平日だってすべての時間は同じく貴重なのだから。

 

おわりに

休みだからと特別な時間を過ごそうとすると疲れるしお金もかかる。休日に平日にできないことを期待してしまうと、休日はなんだか仕事が溜まっているようにも見えてくる。とはいえ何も起伏のない一週間というのはツライ。

 

だから午前中などにまとめて何かをしたり、片方の曜日だけがんばってもう片方は普通に何も期待せずにだらだらと過ごすでもいいと思う。そう思うのは、自分に元気がないだけなのか、それとも家にいるのが好きなだけなのだろうか。一人でいるのが落ち着く自分にとっての休日の過ごし方、その心がけはこんな感じだ。