かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

ブログは書く時間によってよりポジティブな記事を生み出せるかもしれない

 

朝に書くのがいちばんよい?

最近ブログの記事を書こうとしてどうにもネガティブになりがちだ。そのため何度も下書きに送って塩漬けにしていることが多い。そんなにネガティブな性根ではないと思いたいのだが、いかんせん出てくるネタがいまいちだ。

 

どうしてなんだろうか…と考えてみたら思いついたのが、夜中に書くこと自体がネガティブになりがちなのでは?ということだ。たしかに精神力も夜になるとなくなってくるし、太陽光もないので気分も日中よりは落ち着くことも事実である。

 

おそらく書き綴ることには問題はないのかもしれないが、どうしてもネタは朝のうちに出したほうがいいのかもしれない。朝は確かにひらめきやすく前日に悩んでいたこともすぐに解けたりすることが多い。同じようにブログのネタについて深夜に悩まず、毎度朝に何を書くか決めたほうがよいのかもしれない。

 

欲を言えば朝にブログを更新すればよいのだろうが、ちょっとそこまで激しく朝型ではないので厳しそうだ。しかしネタが思いつかず夜更かし→睡眠不足→深夜はもう眠くてネタが思いつかない→ループ…になっているかもしれない。このループを断つには朝が一番なのかもしれない。