かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

古本屋の楽しみ方

 

中古の本棚の楽しみ方

自分が古本屋さんでひそかに楽しみにしているのは自分の持っている本とか知っている本を見つけることである。そして値段を見てふむふむと唸ったり、中身をちょっと読んでみてやっぱりいい本だ…としみじみ感じたりする。

 

古本屋にある本ということは誰かが買って売ったのだろうが、中古でも本があって売れるのを待っている状態にあるというのはなんとなく嬉しいと感じる。というかここの本屋はわかってるな!とかこの本はとってもお買い得ですよ!といいたくなるのだ。

 

なにより楽しいのは意外な品揃えだと思う。普通の書店では新作だとかベストセラーばかりおいてある。けれども中古だと意外性のある古い本や掘り出し物が見つかることがたまにある。そういった本を見つけられると当然嬉しい。

 

また、古本屋になぜこの本があるのか、どうして何冊も売られているのかなど想像が膨らむ。例えば同じ作者のシリーズでなぜか足りないという本があったとき、その本は人気だからみな貯蔵しているのか、それとも買わなかったのか。もしくは売れてしまったのか…。本棚からはそれを読み取るのが難しいが、それはそれで想像の幅が広がるとも言える。