かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

だいたいの問題はテクノロジーで解決するべき

 

やる気がないと批判する人

自分は人間としての性能があまり高くなくポンコツだと思っている。記憶だってあまり持たないし、頭がいいわけでもない。人よりも常識は知らないしニュースなどもあまり見ない。忘れ物はとても多いし時間管理なんてほとんどできやしない。

 

こういった問題に対して学校では「根性」「やる気の問題」という風に片付けられる。ということはポンコツ人間は普通の人間になるために”普通じゃない努力をしろ”というわけだ。そしてそういった努力ができない人間は差別されがちだ。

 

こういった偏見(?)に対して自分が思うのは人間ってそんなに完璧なの?ということである。というか人間、基礎スペックがめちゃめちゃ低いはずなのだ。野生動物が背伸びしてるだけに過ぎないと思っている。

 

人間は教育とかそういった社会的文化によって知識を得て、それによって工夫して生きている。だから文明が滅びれば今の人間らしい振る舞いは消滅する。一気に記憶力なども落ちていくだろう。言葉という記憶や感情を整理するのに便利なものがあるから人間は記憶能力の向上ができる。暗記術みたいなものだ。

 

だが人間の体そのものは成長しているのか?身長は500mにならないし、筋力量はゴリラにずっと劣る。人間は進化しているから今、こんな文明を創れているのか?そうは思わない。記憶力だって対して変化はしていないはずである。

 

人間が今の人間たりうるのはテクノロジーの進歩だと思っている。産業革命だとかそういう人間の知恵の総力の向上によって生活水準だとかそういったものが底上げされる。だから人間そのものが強くなったわけじゃない。

 

人間の強さはテクノロジー活用の強さ

そう考えると人間の強さとはテクノロジーを生み出す力とそれを利用する力によるものじゃないかと思う。記憶があまり大きくない人間はよりテクノロジーを使って記憶を補助できるようにする。寒さから身を守るのは身体の機能ではなくテクノロジーなんじゃないか。

 

という風に考えているから自分は「努力」「根性」「やる気がない」みたいな精神論で人間の能力向上を促そうとする教育は好きではない。人間の文明の成長が精神論で行われているならとっくに全ての人間が神様か仏様になってるはずだ。

 

そうじゃないならできるだけテクノロジーの補助を受けて次のステージにさっさと行ったほうがいい。それを嫌がるのは精神論がいかに尊いかというのを信じているからだろう。

 

いまさら電話番号を暗記する人はいない。そんな努力をしろという人はいない。それは無駄だとみんながわかっているからだ。なぜ無駄なのか?精神を鍛えるのにいいんじゃないか?そうすれば記憶力や根性が成長するんじゃないか?だが、そういうことを言う人に限ってやらない。

 

中途半端なのだ。きっとテクノロジーに依存をして楽をしている自分というのが受け入れられないのだ。が、そういった考えはそもそも人間たった一人なにもなければそこらへんの犬より頼りないと知ったほうがいい。テクノロジーの活用は人間のもっともすぐれた能力なのだからもっと活用することに肯定的になればいいと思う。

 

おわりに

なんか便利なものを使ってたりするとどんどんダメになるという人がいる。記憶力が落ちるという人もいる。そういう人にいいたいのは、覚えてなにかいいことがあるのか?ということ。人間はいつだって忘れるし、頭をぶつければ記憶だって飛んでしまう。そんなリスクの高いことをやる必要があるのか?

 

まあこれは言い過ぎかもしれないけど、自分という生き物、人間という生き物を信じすぎではないかと思う。人間とはすっごい弱い動物で記憶とかそういったものもたいしたことない。

 

だから人間には間違いなくテクノロジーの補助が必要なのだ。そうじゃなきゃ今の文明はとっくに滅びていたのだから。そのために言葉や文字が生まれた。覚えてればいいとかボディランゲージが絶滅すると古代にわめいていた人はいたのだろうか?

 

忘れ物が多ければ忘れないように思い起こさせるものを利用すればいいし、忘れ物なんてことがないようなものを作ればいい。人の顔と名前が覚えられないなら顔認識できるメガネでも作ればいい。メガネが嫌なら映画のようにコンタクトレンズ型の薄型のものを使えばいい。そうやって文明は進んできたのだろうから。

 

だから精神論で人間の努力を素晴らしいと扱うような風潮は好きじゃない。教育現場とかではもっと人間の努力ではなく、より柔軟にテクノロジーを活用することに寛容になってほしい。そうでなきゃ科学の発展が遅れてしまうのではないかと思う。人間がどういった生物なのか、なにが一番素晴らしい能力なのか間違ったことを教えていないだろうか。

人を無暗に裁かないということについて

 

感情、直感、習慣という基準

自分もよくやってしまうのだが、いつのまにか人を自分の基準で裁いてしまうことがある。しかも短絡的にだ。例えばエスカレーターで行列ができている時に割り込みをされるとかなりムッとする。列も守れないなんて最低であると。よくあることだと思う。

 

けれどもこの割り込んできた人がトイレを我慢していて急いでいたとしたら?ちょっとは許せるかもしれない。自分ももしかしたらそういう経験があって、その時はとても申し訳ない気持ちになっていたかもしれない。さっきとは判断が変わってくる。

 

要は相手の事情を考えずに短絡的に悪と裁いてしまっている。しかも自分の基準でなので容易に判断はころころ変わってしまう。だから自分はなるべく人を裁かないように注意している。これは昨今のニュース報道の在り方に影響を受けているかもしれない。

 

ニュースでは逮捕されればすぐさま悪い人であると伝わるように報道する。新聞記事では写真をわかりやすく悪人らしく仕立て上げたりだってする。すると自分の直感とか感情、第一印象で簡単に見知らぬ他人を裁いていることになる。みんなが悪いと言っているから悪いという具合に。

 

裁いてばかりじゃ疲れる

けれど冤罪の可能性だってあるし、事態は報告されていることよりもずっと難しい繊細な問題だってある。だからある程度は自分の感情や基準で裁かないよう気を使っている。逆に言うと、裁いてばかりじゃ疲れるのだ。悪を自分から増やすと世界は敵だらけだ。

 

人が人を裁くのではなく、法が人を裁くのが法治国家であると思う。そこまでお固くはないけれど、他人に対して自分の感情で裁きすぎないようにしたいと思っている。人間が正しくあることを他人に強要してしまうことになりかねないからだ。

 

人の行為に対して悪とかそういったものは神様が適当に裁いてくれればいい。いますぐじゃなくていい。自分が判断することじゃなく、神様は見守ってくださるからいいやとする。そうすれば自分自身も人が見てないからやっちゃえという気持ちも少し減るんじゃなかろうか。

 

自分を他人から裁いてもらう必要もない。あなたは善ですとか自分は善です、お前も善になれと言う必要はない。そもそも人間の善悪を人間が決めないことが平穏につながるのではないだろうかと思っている。

 

おわりに

一般に悪な行いをされたとき、もしくは自分の判断で相手に過失があると考えた時、それについて非難したり激怒するのも普通だとは思う。けれどそれを乗り越えて建設的な話し合いができるといいなと思う。

 

例えば宿題を忘れたから見せてほしいと5回言われたとしよう。さすがに怒ってもいいかもしれない。自分のことを利用しすぎている、忘れすぎ、やる気がないなど。これは相手に非があり、自分は責めてよい立場だと自分が思っているからだ。

 

まあこんなに仏の心をだすのも大概と言えば大概だとは思うが、結局のところ怒るというのが自分はとっても面倒かつ嫌なのだ。そんなことに感情エネルギーを使いたくないし、酷く非生産的で人類の繁栄にいささかも貢献しない。そういったものが嫌なのだ。

 

だから宿題を忘れたという人には(自分が宿題をやってきた場合)見せてあげようとする。その際に問題解決の手伝いをする(親しければ)。例えば一緒に解こうとする、忘れないようにリマインドする、本人のやる気をあげる手伝いをする、宿題を写すと損をするということを教える、はっきり断るなど。

 

自分が損をしていると感じるならばお金やごはんと引き換えでもいい。ただし、この場合は心理学的に悪い方向に向かう。保育園に遅刻してくる親御さんに罰金を科せたらますます遅刻が増えたという。この場合遅刻の罰金がまさかの延滞料金に変わってしまったのだ。なので宿題などにお金をトレードオフするのはオススメしない。

 

できるならば問題はみんなで解決するのが一番だ。自分も負担が減るし、相手も少しばかり幸せになるだろう。そうすれば人類貢献度+2である。おおげさかもしれないけど、周囲の幸せの積み重ねって大事じゃないかなと思うから自分はこうやって生きていきたいと思っている。

 

相手の努力不足とかそういった風に責めるのが普通になってしまっている世の中は自分は寂しいと思う。そうじゃなくて相手の問題解決をいっしょにして、幸福度を2倍にできる世の中はきっともっと幸せになるんじゃないだろうか。

はてブから影響を受けた記事はどのくらいあるか?

 

はてブからはどの程度影響をうけて記事を書いてるか?

 質問箱の記事を書いてから非常に面白い質問が届いたので返答を返そうとしたらあまりに短すぎて書けなかった。フェアではない…?かもしれないがブログにて変身させていただこうと思う。しかしこんな面白い質問がくるとは!最高ですね!素晴らしい…。

 

当初はこれを数えようとは思わなかった。なぜならば、自分が重度のはてなブックマークユーザ過ぎて困っているからだ。だいたいの情報源をはてブに依存していると言っても過言ではない。つまるところ無意識的に影響は受けてしまっているから答えようがない…と思っていた。

 

いわゆるTVをつけっぱなしにして生活しているからなんとなくニュースのネタについていけるとか井戸端会議で北朝鮮怖いよねみたいな空気的ネタふりをしてしまうようなものだ。ふとした拍子にネタとして自分の中から出てきてしまう。そういったものをきちんと数えることはできるのか?

 

だがこれは数えてみるとすごく面白そうだ。自分なりに分別してラベル付けしてみるのも悪くはない。それに自分は記事数もかなりある。分析するにはもってこいだろう。けっこう骨が折れるが、需要がある記事を書くというのはまったく楽なものだ。需要があるかないかわからないままやるよりもずっといい!

 

というわけで長くなると思うが自分なりに影響をうけたものをピックアップしてみた。

 

はてブ影響度ピップアップ記事

研究室の教授との付き合い方を変えてうまくいった話。教授を共同研究者に引きずり込む。 - かやのみ日記帳

この記事は当ブログで一番共感を得られた記事だろうか。書いた原点ははてな匿名ダイアリーとnext49さんの記事。自分のかつての境遇と重ねて書いた。はてブにも季節感(?)があってこのころになると卒論系エントリがはてブつきやすい印象。

 

研究から逃避の為にはてブをちらっと覗いたら背筋に氷をつっこまれるような記事があって…。このころはブログを書いてなかったけれど、巡り巡ってtwitterで書いた記事をリツイートしてもらった時はホント嬉しかった。

 

serial experiments lain(PS版)は自分の人生の価値観を大きく変化させてしまった - かやのみ日記帳

この記事もすごく多くの人に読んでいただけている記事なんだけれども、実はMicrosoftのTayなどのAIについての記事にも影響されている。人格とは何だろう、記憶とは何だろう。そういった疑問を内側に貯めておいて、一気に爆発させたのがこの記事。

 

人に教えるときの基本と、失敗の本質の反省が活かせていない現代日本企業 - かやのみ日記帳

 最近だとこれだと思う。日本企業の休んだ人を責めるのは…みたいな記事に反応した。書いていくうちに絶望していったのがわかると思う。この影響はのちのちまで引いていて

戦術を戦略化してはいけないということを考えた - かやのみ日記帳

大学教育は生き延びられないことに気づけなかった、測られることに慣れすぎた日本人 - かやのみ日記帳

上記2記事も同じ。大学教育のはてブにも影響されている。日本人の精神ネタには結構書いてしまっている。

 

ひさびさに面白かった666laboratoryの感想。ゲームはどれだけプレイヤーをハックできるのか - かやのみ日記帳

これは見かけてやってみて大正解だったパターンのもの。すごく面白かったですし、自分の書いた記事が実は検索エンジンで上位になったりしてニヤニヤ。自分の書きたいテーマとすごく合っていて気持ちよく書けた。

 

月額制の講義の良さ - かやのみ日記帳

明確に明言は避けているものもある。これは実は当時はてブで若干ステマ臭もしてたニコニコ予備校を指していました。やってみると面白かったのですが、ちょっと続きませんでした。

習慣を変えるにはまず食べ物から? - かやのみ日記帳

この記事ははてブ名物なあの人の名言から影響された。うっかり捕捉されないことを祈りたい。

 

はてなブックマークがだんだん自分の中でネタバレサイトのようになってきた - かやのみ日記帳

そもそもはてなブックマークについてまで書いてしまった。

 

図書館の機能と満足度向上を目指すCode4Libがものすごく大好き。 - かやのみ日記帳

Code4Lib 2017 熊本の資料を読んだ感想。 - かやのみ日記帳

Code4Libについてはnext49さんから記事を書かれてしまったりもした。ちょっぴり恥ずかしかった。が、好きなものは好き!

 

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」感想。小説版よりもスケールが上がり、ラストも大満足!たくさん泣きました。 - かやのみ日記帳

映画化されることははてブで知りました。いい映画だった…。しっかりと感想が書けてブログ書いててよかったなあと心底思いました。

 

ブログは椅子取りゲームではないので、もっとブログを書く人は増えていい。母数を増やせばアクセスも自然と伸びる。 - かやのみ日記帳

これは当時炎上した記事に対するこっそりとした反論記事。明確に批判すると戦いにしかならないので、そうではなくゆるっとポジティブな意見をネットに放したかった。

 

画一的に管理する教育からコーチングする教育への進化へ。STEM教育から考える教師の今後の役割。 - かやのみ日記帳

STEM教育ってなんだろう?聞いたことないな…と言うところから教育について考えたりもしています。

 

疲れてコメントできなかったものたち

自分が考える天職について - かやのみ日記帳

自分なりの生活が退廃的になったときのリセット方法 - かやのみ日記帳

見えないリスクとのトレードオフで得られるもの - かやのみ日記帳

日本語の読みやすさの評価式について - かやのみ日記帳

Undertale、設定を読み込むだけでも十分楽しい。誰も死ななくていい優しいRPGとは - かやのみ日記帳

無子高齢化という単語の衝撃。 - かやのみ日記帳

グルメに対する自分の想い。決してそれは下品ってだけじゃないはず。 - かやのみ日記帳

子どもの頃から飛蚊症だったので気づかなかった。 - かやのみ日記帳

自分の感情を否定すると地獄を見る。自分との約束を設けて自分を大切にしよう。 - かやのみ日記帳

鬱っぽいときは笑ったり、キャラクターから力を借りる - かやのみ日記帳

うつっぽさには早めに気づくことが大切なのかな - かやのみ日記帳

ブログチャレンジとHabiticaのようなゲーミフィケーションのオススメ。 - かやのみ日記帳

ハンドスピナーが流行っているけれど、フィジェット・キューブの感想。遊びすぎて壊れました。 - かやのみ日記帳

ライフイベントを使って自分の潜在ストレスを測る。ポジティブな出来事もストレスになりうる。 - かやのみ日記帳

今日は暑かったので冷房をつけたら足がだるくて大変だった。 - かやのみ日記帳

HSP(Highly Sensitive Person)・敏感すぎる人 の注意点。内向的人間の時代との比較。 - かやのみ日記帳

父があやしい健康グッズにハマりかけたとき、説得した話。 - かやのみ日記帳

マストドンの流行を見て思い出したイーロンマスクの言葉。たかがコミュニケーションツールなのだろうか。 - かやのみ日記帳

ライフのプレミアム牛乳は確かにおいしかったという感想。そして明治おいしい牛乳と比較。 - かやのみ日記帳

映画アサシンクリードのネタバレあり感想。うーん、監督は何を伝えたかったんだろう…? - かやのみ日記帳

自分が持つイメージと他人が抱くイメージの違い。それは普段の立ち振る舞いも加味されているのかも。 - かやのみ日記帳

吉野家の唐揚げ丼は上級者向けではないか…?という感想。 - かやのみ日記帳

折れないシャーペンの思い出。予備を用意しなかった自分の悲劇的末路。 - かやのみ日記帳

格闘ゲームをやめたときの話。格闘ゲームで全部欲求を満たす必要がなかった。自分は遊び人族ドリームゲーマーでした。 - かやのみ日記帳

D3Pのカウントダウンサイトの話。カリギュラ効果には抗えないな。 - かやのみ日記帳

ミスタードーナツのオイルカットドーナツの話。コンビニの100円ドーナツよりもいいと思うんだ。甘さとかカロリー的に。 - かやのみ日記帳

内向的人間は内言が多いので、口数が少なくなる。そして会話は情報量が多いので処理落ちしやすい。 - かやのみ日記帳

内向的人間は引き篭もることで充電する。 - かやのみ日記帳

本人が幸せならいいだろ問題。ネトゲストッパーとマギョさんの思い出。 - かやのみ日記帳

なんで勉強するのか?下剋上受験というタイトルの気持ち悪さ。それに対する自分の答え。自分で狩りをしよう。 - かやのみ日記帳

 

 

合計:40件、13% 

というわけで合計は40件でした。投稿数300に対して40件=およそ13%である。とはいえこれはかなり厳しめにつけたつもりである。ある程度記事中にリンクなどがあってはっきりしている記事だ。甘くつければ30%くらいにはなると思う。

 

他に目についたものとしてはtwitterから流れてきたものが多かった。これが15%~20%くらいだとする。あとは毎回はてな今週のお題を書いたりしているので5%くらいか。

 

残りは自分の過去とか雑談、ブログについて思っていることなどを書いたりしている。だいたい半数以上は自分の記事だったということか。うーんあんまり感覚的には納得できないけれど、これが数字上の真実ということか。

 

反省点

はてなブログにはカテゴリーで簡単に分類できるので適切に分類するとよいでしょう!時間があればはてブ出典みたいなカテゴリーを追加しましょうか…。以上です。

質問箱(peing)はラジオのはがき職人を思い起こした

 

質問箱の性質

peing.net

質問箱(peing)がTwitterで流行っているみたいだ。匿名で気軽に質問を投げれるところがヒットしている様子。作りはかなりシンプルで、匿名で送られたメッセージをTwitterで連携して返信するだけ。この気軽さがよいのだろうか。

 

なんとなく見ていて思ったのはラジオのはがき職人の難しさみたいなものを少しだけ感じた。質問箱にたくさん質問が来る著名ユーザに拾ってもらうには質問箱ウケしやすい文章を書いて目に留まらなければならない。

 

ということは真剣に文字だけの勝負だ。PNもないからどうしようもない。誰かが詐称しようと信じられないわけだし、完全に自己満足だがそれがなおさら職人っぽいなと思う。

 

もちろん有名でなければ気軽に質問できる便利なご意見箱になるのだろうが、潜在的フォロワーの多い人が始めるとその性質は少し変わってくる。そこが妙に面白いサービスだなあと思った。

 

自分も少し匿名で送ってみたのだけれど、こりゃうけないなというか伝えきれないなと参ってしまった。短い文章で、そして意味のある、質問という形で送るのは自分にとってハードルが高かった。そんなに堅苦しくなる必要はないのかもしれないが、難しい。

 

ご意見箱(コメント)ではないという点

この質問箱はご意見箱ではないというのも面白い。ご意見箱なら全然流行らなかったのか。たぶんそうだろうなと思う。ご意見箱はレストランだとか役所なんかに置いてあるのをたまに目にするが、”ご意見”というのは生まれにくいのかもしれない。

 

けれど質問というのは素朴に感じたりわからないことがストレスになるから投げかけやすいのかもしれない。

 

似たようなものとしてはWeb拍手とかも比較すると面白いかもしれない。日本独特のいいねシステム+ご意見箱、コメント欄提供システムだったと思う。これがtwitterだったりfacebookに流行が移ったあと、質問箱というシステムなどの外部の拡張が生まれるのは面白いかもしれない。

 

ともかくまだ流行り始めというべき段階だが、なかなか面白い性質を持っている気がする。自分が送る側だけでは見えてこない部分もありそうだ…。

 

というわけで設置してみました。ご興味があればご自由にお使いください。

peing.net

 

追伸:質問頂いたので回答しました。

質問箱から回答することができて画像付きかリンク付きが選べるようです。現在はサーバーが混みあっているのか3回エラーが出てちょっとびっくりしました。4回目で投稿できた…。大人気ですね。

 

たぶんリンクの場合は質問箱が混んでいると困ってしまうのかも?画像付きだと自分のtwitterが消えない限りは質問を保存できるという感じだろうか。

アイディアもきっと筋トレみたいなものか

 

 ただ続けているだけでは筋力にならない?

 ようやくというべきかアイデア大全を購入してしまった。Twitterでも評判がいいし買わなきゃと思っていた。たまたま立ち寄った書店に置いてあったのを購入できた。

 

中身を読んでみてまず思ったのは、アイディアというのはそもそも簡単に生まれるわけはないということである。すごい努力というか数多くの方法を模索しなければよいアイディアとは生まれないのだと再認識させてくれる。

 

イデアとは悩めば生まれるもの、浮かばなければ怠けているとか真剣さが足りないなどと言う人もいるだろうが、そうとは思えなくなってくる。アイデアは悩めば生まれるものではなく、様々な方法を試し、数を多く出したうえでえり抜く作業が必要だ。

 

そしてその作業はわりとつらいものになり、たくさんのアイデアを出すなんて困難なことだ、偉人たちは普通とは違うと思ってしまう。

 

だが、アイデア大全を読んでみて思うのは、アイデアを生み出すということは実は継続的な筋力トレーニングの賜物みたいなものじゃないかと。この本では筋トレ方法を紹介しているのではなかろうか。

 

ただだらだらアイデアを出そうと唸らない

最初から初心者が思い切りアイデアを出そうとして悩む時間を増やしてもイライラしたり失望したりしてしまう。数も質もたいしたことないのは間違いない。しかし毎日のようにアイデアを探しているだけでも体力にはならない。慣れるだろうが筋力にはなっていないのではないか。

 

ある意味ランニングと筋トレの違いみたいなものである。持久力、集中力を鍛えるのには長時間悩んだりするのはいいかもしれない。しかしアイデアの数、質を高めるには適切な方法で時間を決めてこなすことが必要なんじゃないか。

 

自分はいままで悩む時間を増やしたり、真剣に取り組むだとか毎日続けることがアイデアのトレーニングになると思っていたが、それは間違いだったのではと思い始めている。アイデアを生み出すにはアイデアを生み出すための専用の方法が必要なのではないか。それらトレーニングをこなすことで筋力がつくんじゃないかと思う。

 

ある意味疲れているのに悩み悩み…とやっているのは栄養不足+だらだら疲労が抜けずに悪循環でやせ細っているようなものかもしれない。トレーニングは厳しく、精神を追い込まなきゃと思いがちだが、そういった問題では全くないのかもしれない。

 

そういう意味でも正しい筋トレの仕方を学ぶように、アイデア大全の方法を試して筋力をつけられるといいのかもしれない。