かやのみ日記帳

日々感じたことをつれづれと書いています。

明日晴れるかな

ドラマの主題歌にもなったノスタルジーな曲、桑田佳祐の明日晴れるかな。 この曲は一時期なんどもなんども聞いたし、PVも何度も見た。 この曲の好きなところは、なんと言っても最後の最後。 「明日晴れるかな」 このなんてことない日常のセリフに後悔を溶か…

整理整頓はいつだって難しい

自宅での整理整頓はかなり苦手で、とりあえず自分で決めている場所に置く。 が、だいたいなし崩し的にルールが崩壊し、崩壊したルールを続けることになる。 よってカオスが生まれてしまう。自分の意志が弱い。 あまりにもまずいと感じたり、人が来ることによ…

地図にもない世界

BUMP OF CHICKENのとっておきの唄という曲がとても好きだ。 気分が沈んだとき、元気がないとき、歌いたいとき。 成長するにつれ、その深い歌詞がどんどん好きになった。 歌のいいところは、曲に沿って歌うことで自分が言ったことになること。 自分が口に出し…

幸せは幸せのままにしておきたい

願望だが、できれば幸せな出来事を不幸なことの穴埋めにはしたくない。 ときおり不幸なことはある。落ち込んで、悲しい気持ちになる。 気分がとてもマイナスで、どうにかゼロ地点に戻したい。 そういうときに幸せが欲しくなる。自分は幸せなんだと確認したく…

散歩に上手い下手なんてない

なにを書くか迷って、ブログのネタ帳をちょっと開いてみた。 すると「散歩に上手い下手なんてない」と書いてあった。 日曜日の夕方、ちょっとのんびり散歩をしたときにふと思ったことだ。 散歩に上手い下手を言う人はさすがにいないだろう。 言う人がいるな…

いつでも福のものを食べたい

実は今年の恵方巻きは恵方を向くこともなく、そして時間を守ることなく食べた。 フライング恵方巻きだ。自分は恵方巻きが大好きなので、早めに食べてしまった。 待ちきれなかったというほうが正しい。ついつい食べたくなる。 最近は恵方巻きの廃棄問題などが…

残酷な事実をありのまま受け入れること

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫) 作者: 桜庭一樹 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2009/02/25 メディア: 文庫 購入: 31人 クリック: 158回 この商品を含むブログ (159件) を見る 砂糖菓子の弾丸は撃ち…

宇宙旅行とひきこもり

VR

最近おもしろい質問が質問箱に届いたので番外回答したい。 おお、面白い質問!ぱっと出てきたのは5億円”もらえたら”行きたいです。無料ですら気がすすみません。なによりVR体験で代用できますしね。 #peing #質問箱 https://t.co/Tye1borH9r — かやのみちゃ …

文章をもっと削りたいという向上心

最近、自分の文章をもっと削りたいという気持ちが強くなってきた。 もう少しいい表現があるんじゃないか、もっといい順序があるんじゃないか。 今まで気にしていなかったことが気になって、書きづらくなってしまった。 おそらく更新をしばらくしていなかった…

VRChatを400時間やって変化したこと

VR

前回の記事では200時間経過の心境を書いた。いまではもうほぼ400時間だ。 定点観測的に書くのは悪くないなと思う。 VRChatは時間の流れが本当に早い。ほんの一ヶ月前がずいぶん昔だ。 だからこうして振り返って自分の心境を書くのは大事なことだと思う。 時…

書くというのはスッキリする

もやもやとした気持ちを抱えているときは、なんでもいいから長文を書くに限る。 Twitterなどではなく、まとまった文章で書くといい。紙でもなんでもいい。 意外とスッキリする。それは悩みとかそういうものに関係がないと思う。 どうもカラオケで熱唱するの…

一瞬でわかる、おいしい空気

今朝、外に出たらとてもおいしい空気だった。 すぅっと吸い込んで、ああ、いい空気だなと感じる。 呼吸するのが気持ちいい空気。すっきりとした気分が晴れる空気だ。 寒い日も、暑い日も、雨の日もそういう空気はある。そう感じる。 今日はいい空気です、な…

だれも責めず、あるがままに

正月の三日間ぐらいは毎日更新せねばと思って記事を頑張って書いている。 これが1月くらいは…とか思って更新できたらいいな、と思う。 内容をどうしようか迷って、好きなことと苦手なことを書いてみようとした。 好きなことは食べ物について書こうとした。 …

骨折り、江戸かるた、五重塔への道草

ふと骨が折れるという言葉が気になった。 苦労する作業をやらなきゃいけないとき、「これは骨が折れるな」と言う。 でもよく考えると、骨は折れない。骨折まではしないだろう。 かなりおおげさな表現である。でも日常で気軽に使っているのも事実だ。 では、…

書き続けること。

新春あけましておめでとうございます。 今年もよろしくおねがいします。 新年早々ここで記事を書かないと、どうも先が続かない気がする。 自分が発見した事実について書こうと思う。 ブログを二年続けてわかったことだ。まあ、ずっとわかっていることだが。 …

2018年のまとめ。

ブログ VR 最後に ブログ ブログを始めたのは2017年の1月。だいたい2年たった。 毎日更新はできていないが、ちゃんと続けることができたと思う。 とはいえ頻度が下がって申し訳ない。 さて、2018年の振り返りだが暗い話はしないことにする。 最初に下書きを…

2018の抱負の振り返り

kayanomi.hatenablog.com そういえば自分で記事を書いていたのを忘れていた。実際どうだったのだろう? 振り返ってみることにした。 意外と面白いことを書いている。楽しさを求めるのには際限がない。 食欲はもう食べれないと限界もあるが、楽しさにはそれが…

見逃すことへの恐怖

FOMO、fear of missing outという略語をたまたま見かけた。 意味は見逃すことへの恐怖、とりのこされるかもしれない恐れ。 SNS依存症をしめす言葉だ。自分が見ていない間のタイムラインが気になる。 重要な情報を見逃していないか、不安になりいつでも見てし…

季節と特別な一日と寿命と

メリークリスマス。もうそろそろこの言葉も終わりだ。 一日というのは短いものだなあと思う。特別な一日なのに、時間は毎日変わらない。 この時間のためにお店の人たちはあくせく頑張っている。 だけれど、時間は等しく流れていく。あっという間だ。 特別な…

自分にとってのやけぐいのレベル

やけ食いをするときに何を食べようか決まっている人はいがいと少ないんじゃないだろうか。とりあえずなんでも食べれればいいと言う人と、いや自分の好物をたくさん食べたいという派に分かれる気がする。 自分は好物よりも目についたその場で食べたいと思った…

手打そば 田奈部に行ってきた。

自分はそば好きである。気がついたら週に三回くらい自然とそばを食べるくらいに。 またそばのエントリはわりと多く、そばを題材にした本すら読んだりしている。 なので手打そば 田奈部にはとても興味があった。 手打そば 田奈部はVRChat界隈では知名度が高い…

人の言葉を奪わないこと

学会でもたまに見かけるが、学部の研究発表なんかで質疑応答にうまく答えられずまごついて、その後を教授が引継ぎ全て意気揚々と答えてしまう場面なんかがあると思う。ある程度しょうがないかなあと思うのだけれど、本当はあまり成長によろしくないよねと思…

夢はよくできているなあと思う今日この頃

夢を後から思い出せる機会はなかなかないんだけれど、今朝見た夢はなかなか印象的だった。夢でどうもお気に入りの飲食店があって、他の人がほぼいない穴場の常連になった。何を食べたかは覚えていないがとにかくおいしかったのは覚えている。(あいまいなお…

文章を書いたあと見直すと自分の気持ちがわかる

文章を個人で書くときというのは、だいたい書きたいことがあるときだ。 そこには何らかの気持ちとか感情がある。 なんとなくいいなと感じたポジティブなものもあるし、ネガティブなものもある。 書いている最中に気持ちが変わっていくことも多い。 ポジティ…

贅沢と節約

贅沢と節約。この2つは対義語のように思える。 贅沢は敵だ。節約が大事。 でも贅沢が節約になっていることもあると思う。 例えば自分で一からなにかを作るよりもお金を払って作うこと。 贅沢とは言わないかもしれない。時間の節約とも言えるのか。 例えば車…

小説の難しさ

昔ちょっとだけ小説にチャレンジしたことがあるが、挫折した。 なぜ挫折したかと言ったら、セリフ回しとか場面構成とかとにかく経験がなかった。 いくらでも小説とは陳腐になるんだなあと妙な感想をもった。 それが自分の手で生み出されてしまったというのが…

お行儀の悪く、文章を書く楽しさ

いま書いているのは夜中。なんとなく眠れなくて途中に起きてお茶を飲んだ。 そしてホッと一息つくと、少し感傷的な気分になった。 だれも自分のこういうホッとした気持ちを知らない。感じていることは伝わらない。 もし俳句がうまくかけるなら、ぐっと生活感…

なにも聞かなくても楽しく過ごせる時間

昔から自分の母親は友人にたいして並々ならぬ興味を持っていた。 まさしくうわさ話が大好物な、井戸端会議好きの主婦そのもの。 どこに住んでるとか友人の両親についてとか。 挙句の果てには来ている服だとか靴だとか、持ってきたカバンとかも聞いてくる。 …

自分の時間と世界の時間

人生にBGMはない。自分の過ごす時間にBGMはない。 それはゲームをやりすぎていた学生のころに気づいたことだ。 ゲームやドラマ、映画にはBGMがよくある。 感動的な音で感情を揺さぶる、表現する。 だけど自分の日常にはそんな音は存在しない。自然に与えられ…

いそぐな、いそぐなよ

待ってはくれない時間 すぐには役に立たない勉強 待ってはくれない時間 なんとなく忙しい一日が終わり、家に帰ってほっと一息。 ばたばたしちゃって疲れるなあと思っていて、ふと いそぐな、いそぐなよ そんな俳句があったなあと思い出した。 リズム感がよく…