かやのみ日記帳

日々感じたことをつれづれと書いています。

白と黒にしない

 

最近、あいまい耐性という言葉を知った。

はっきりしていないルールでもイライラしにくいか。

そのときになったら決めようという考え方に合わせられるか、そうでないか。

そういった性格を耐性という言葉で示していると思う。

別にあいまいであることを許せなくてもいい。

そういう人はとても厳格でルールをしっかり詰められるという才能でもある。

 

こういうあいまいさを許容しつつ前進できる人、というのを言葉で表せなかった。

それをあいまい耐性が高い人と言えるのは助かる。

些細な問題を気にせず本質的なことができる人などちょっと説明が回りくどかった。

いま現時点で放置しても問題ないものを放置することを決定できる人。

 

それは大事なことのように思う。些細な問題はホコリのように叩くほどでてくる。

終始細かい問題ばかりに目を向けていては大きな問題に取り組めない。

優先順位をきちんとつけて、問題を認識しつつも先送りできるのもいいと思う。

その能力に対してポジティブな単語で説明できるあいまい耐性というのはいい。

 

あいまい耐性について考えていると、ふとわかった。

これは白黒思考、二極化思考の正反対の言葉なのだと。

白黒思考は物事に白か黒かを絶えず判断しなければ気が済まない思考のことだ。

二極化思考というのもほぼ同義だろう。AとBにすべてが属すると考えることだ。

 

だが世の中は判断保留中や判断しない、白黒つけない、あいまいなままの人もいる。

白の中に黒もあるし、そのまた逆もしかりだ。世の中は単純ではなく混沌である。

 

現代では情報の洪水があちこちにある。SNSなどでは特に顕著だろう。

TVや電車の広告を見たりするだけでいろんな情報が飛び込んでくる。

こっちが頼まなくても街頭演説などで聞かされることもある。

そのたびに「これはいいのか、悪いのか」を無意識に処理してしまう。

 

意外と判断というのは疲れる。あまりにも意識しないゆえに見過ごされがちだ。

オバマ大統領は判断の重要性を説いた。なにかを判断するのは本当に疲れるという。

だから重要な判断しかしないとも。

日常で判断することを極力避けられるように生活し、本当に必要なことに注力する。

 

この考えはとても重要だと思う。特に現代に生きる上で大量の情報と接する上では。

今後、AIなども入り乱れたフェイクニュースが飛び交い始めるだろう。

こうなると人間の判断はよりたくさん消耗していく。

 

Twitterなどのタイムラインに流れる一つ一つのニュースはセンセーショナルだ。

リツイートで10000を超えるものは特に目を引くようになっている。

多くの人が注目するからこそ、洗練されていて注意を促される。

 

だが、そのニュースは果たして本当に自分にとって欲しいものだっただろうか?

そしてそのニュースを見てどのように感情的に反応しただろうか。

 

例えば日本で発砲事件が起きて幼稚園に被害が出たとしよう。

近くで見ていたという人が怪我のツイートを出して、それがリツイートされたとする。

見たときに痛みと怒りと…瞬時にいろんなものが駆け巡るだろう。

そしてつい自分もこのようなことは許せないとツイートするかもしれない。

だが、それは嘘かもしれない。そしてあなたが欲しかったものではないかもしれない。

 

だから気にしないこと、あいまいなままでいること。

そして反応しないことというのはある意味いいことだと思う。

世の中の物事すべてに自分がどの位置にいるかを確かめなくていい。

自分自身があいまいでいるというのも案外悪くないんじゃないだろうか。

小さな理由も大事な理由

 

様々な決定をするとき、決め手となった要素がいくつかあると思う。

例えば家から近かったとかひと目で気に入った、安かった、なんとなく。

そういう要素を割合にしたアンケートなどをよく見かける。

 

個人でもたくさんの動機やきっかけがあって、それぞれに割合があると思う。

なぜそう決めたのか、どのくらいの割合だったのかはあまり考えないはずだ。

でも考えてみると結構おもしろい。

ただ、大事なのは割合だけではないと思う。

たった1%でもそれがなければ、結局決めることはなかっただろうということもある。

 

1%だけ、例えば今日は天気がよかったとか、教えてくれた人が活き活きしてたとか。

些細なことで、自分にとってもそれが全部決め手ではなかったかもしれない。

けれど最後のひと押しがなければ決まらなかったことだってある。

全部が大事で大切な理由になり得ると思う。

小さな割合でもそれもまた大事な理由だ。

思考のリハビリ

 

ここのところブログの記事も書いていなかったので、どうも新しい記事を書きづらい。

おまけに花粉症である。これがやっかいで、なんども鼻をかむと頭がぼうっとする。

ぼうっとした感じだとなかなか考えもまとまりづらい。

頭をつかっていない鈍った感じと花粉症の頭痛はなかなか回復が難しそうだ。

ともあれリハビリである。

なんとはなしに書いてみることでちょっとずつ元の調子をとりもどす。

 

そういえば思考には怪我なんてものもないし、骨折もない。

ギプスや松葉杖もない。支えるもの、守るものという概念がない。

でも衝撃の強い作品だとか精神的なショックを受けると傷つく。

そういうとき、精神的なギプスとか松葉杖もいるのかもしれない。

それはきっと優しい作品だとか自分の原点になるものを見るのが良いと思う。

 

自分の思考の支えになっているものってなんだろうか。

自分が持っているスキルの確認、点検もいいかもしれない。

パズルを頑張って解いてみるとかも達成感が得られていいと思う。

体調が悪いとき、無理をしないようにゆっくり小さくやることが大事だろう。

 

自分にとっては短いながらもやっぱり文章を書くことが効く。

500文字、1000文字とちょっとずつ増やしていく。

自分が考えていることを素直に書いていく。

たとえまとまりがなくても、まずは思考を回していく。その後でまとめる。

自分を否定せず、するすると出す。そうすると調子が出てくる。

 

書いていて集中しているなあと感じるときは、いつも終わったあと。

一つの段落をがーっと集中して書いたあとに、呼吸を思い出して深く息を吐く。

そのときになって、ああ集中していたんだな、よかった。

そういうふうに思えると、いい調子だと実感できる。

ちょうど今がそんな気分だ。

笑顔は人を幸せにすると信じるから

 

仕事をするときは、だいたいのところ人と接することになる。

要件があるとき話しかけられる。雑談のときもあるが、だいたいは用事がある。

困っているとき、怒っているとき、謝りたいとき。

いろんな場面と状況があるけれど、できれば笑ってほしい。

そう思うから、話を聞いて落ち着いてもらう。

そして一つクスリと笑ってもらう努力をする。

 

困っている人、なにかミスをして謝る人には効果がある。

ふざけた笑いじゃなくて、受け入れたうえでほっと一息ついてもらう。

日常茶飯事ですよ、朝飯前ですよ、軽く考えましょう。

 

大事件だったとしてもまずは一つ笑いを見たい。深刻であればあるほどだ。

深刻さは心に大きなダメージをもたらす。周囲の空気にもよくない。

だからほんの少しだけ。でもそれだけでずいぶん違うと思う。

受け入れる心の余裕ができると思う。

 

どこかで読んだが、アウシュビッツで生き残った人たちが共通していたこと。

それは過酷で苦しい状況でも未来をきちんと見据えていたこと。

そしてほんの少しでも笑える精神的な余裕を持っていたこと。

過酷すぎるし特殊なケースだが、大切なことだと思う。

 

社会に対する風刺画の考え方も似ていると聞いた。

閉塞感があり、絶望が蔓延する中でもっとも強いのは笑いの力なんだとか。

皮肉で下品かもしれないが、ちょっとした風刺こそが本質でもあり、力にもなる。

笑顔もなく、無言で絶えず緊張感ばかりじゃまともではいられない。

 

余裕がない状態で深刻な問題に直面するのは避けたい。

真剣に取り組みすぎると、視野が狭くなる。

なにより世の中の問題はだいたいたいしたことじゃない。基本的には、だ。

 

たとえ深刻な問題だったとしても、誰かが徹底的に悪いことは本当に少ない。

犯罪を犯していない限りは周囲にもその責任があることが多い。

時間が積み重なって、いずれだれかがババを引く運命になっていることだってある。

だから、そういう考えだから運が悪かったですねと一言笑って済ませる。

 

笑い事じゃないですよとクスリと笑ってもらいたい。気に病まないでほしい。

仕事はだいたいは選べるし、人生においてもそこまで重要じゃない。

だからこそ、笑って仕事ができると良いと思う。

 

ほんの少しでもいい。そして、自分のもとに来る人が笑顔ならますますいい。

自分に頼みやすかったり、親しみやすければいい。

周囲の人にもほんの少し緩んだ空気が流れればいいなと思う。

だからほんのちょっとの笑いを絶やさないように努力している。

ちょっとでも笑えない仕事なんてしたくはないからだ。

明日晴れるかな

 

ドラマの主題歌にもなったノスタルジーな曲、桑田佳祐明日晴れるかな

この曲は一時期なんどもなんども聞いたし、PVも何度も見た。

この曲の好きなところは、なんと言っても最後の最後。

明日晴れるかな

このなんてことない日常のセリフに後悔を溶かして希望をそっとくれる。

 

ドラマはプロポーズ大作戦

勇気を出せなかった主人公が後悔を晴らすため過去に戻るストーリー。

ちょっとずつ、少しずつ希望を持って自分を変えていく。

過去もほんの少しは変わるけど、一番は自分自身に問題があることに気づく。

そして自分の態度を変えていく。今しかないんだと。

 

歌詞もドラマのストーリーに沿っていると思う。

ピアノの音と歌声が本当に素敵で、盛り上がり方も本当に素晴らしい。

そして、一番最後の言葉に曲名が入るまとめかたは芸術的だ。

 

明日、晴れるかな。

こんなセリフ、いろんな場面で何度も使われているだろう。

運動会が嫌な子供にとっては憂鬱なセリフだ。

学校の先生にとっては好天であってほしいという願い。

遠足に行くのが楽しみならワクワクとしたものだろう。

 

この曲を聴くまでは、こんななんてことはないセリフに思い入れなんてなかった。

明日の天気など気にしない。晴れていれば嬉しいし、曇っていれば普通。

雨なら傘が必要なだけ。天気のことは明日になればわかる。

悪天候を望んだときも、好天を望んだときだって普通にある。

 

でも、この曲を聴いて好きになってからふと心の中でつぶやいたりする。

明日晴れるかな

これはきっと明日いいことあるかな、明日はいい日になるかな。

そういう前向きにしてくれる魔法のことばだ。

元気がなくなったときも、このセリフをちょっとつぶやいてみて曲を思い出す。

遙か空の下、ピアノのメロディーを思い出しながら元気をもらう。

なんてことない言葉だって、出会いによって特別に変わっていく。

そういう言葉がたくさんあるときっと人生は素敵だ。