かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

ブログ

よくない習慣の積み重ね

夏休みの課題をギリギリで間に合わせることはたまにできる。 繰り返すとそこそこ上達し、なおさらギリギリまで延ばすことができる。 何事も延ばすのに慣れて、それでもどうにかなったりする。 ダメだったときはなにか他にも理由がある。そんな風に正当化して…

うまく書けないことは書かないほうがいい

これは自分にとって鉄則である。単純な言葉だが、必ず確かめなければならない。文章に詰まったとき、うまく書けないと感じたとき。気が進まないとき。うまく書けないことは、書かないほうがいい。 これは諦めるという意味ではない。 うまく書けないと感じた…

悩んで書けないよりも、書き続けること

最近、あまりブログをかけていなかった。自分が書きたいと思ったことを書くと決めていた。だから思い浮かばないときは書かない。ネタが無いときは書かない。そうすれば感情の赴くまま書けるはずだ。ストレスもないはず。そう思っていた。だが、どうやら自分…

記事のタイトルと裏テーマ

裏テーマというのに心惹かれる。タイトルは主題、メインテーマだ。 それとは別に伝えたい内容を隠し味として持たせておく。 この裏テーマ、わりといい味が出るんじゃないかと思う。 映画、音楽、小説といった分野で裏話として、裏テーマが語られるのが好きだ…

カバンの中には必ず不要なものを一つ入れておく

不自然な小物をひとつ 不自然な小物をひとつ 今週のお題は「カバンの中身」という面白いお題だった。カバンの中身って成長するにつれてドンドン変わっていくのが面白いなと思う。小学生の頃はランドセル、中学、高校ではスクールバッグのようなもの?大学で…

リアルでもネットでも「なにやってるのかわからない人」になりがちな自分

そんなつもりではないのに そんなつもりではないのに 学校とかで自分は周囲の人に「なにをやってるのかわからない人」と評されていた気がする。今だと陰キャラと呼ばれるのだろうか。これはあくまで遠い周囲から見るとまったく人柄が伝わってこない+怖いと…

書くときは内面への集中状態を大切にしたほうが良いのではと気づいた

ネットサーフィンによる注意散漫状態 ネットサーフィンによる注意散漫状態 ブログを書く上で難しいのは誘惑に負けないことだと思う。インターネット上で成り立つサービス全てに言えるかもしれないが、インターネットに接続されたサービス上で誘惑に勝つとい…

ブログに費やした時間はどれくらいだったか

かけた時間の総量 かけた時間の総量 スキルの習得には〇〇時間かかる、みたいなのをたまに見かける。ではブログとか文章を書くのに必要な時間はどれくらいだろう。普通に書くだけなら義務教育で済んでいるから時間は必要ない。ブログに書くという技術も全然…

ブログを書くことという恥ずかしさを乗り越えるには

ブログを続けた最初の頃は書き続けること、そして誰かに見つかることが非常に恥ずかしかった。けれども書くということは自分にとってはすごく良いことだったように思う。いままでどこにもかけなかった気持ちや恥ずかしい気持ち、自分の中で心の傷になってい…

ブログこっそり穴埋め更新

このブログはところどころ穴が開いている。基本的に毎日更新はしているものの、ほんの少したまに遅刻したり、もしくは更新できなかった日がある。こういった日は時間がたてばたつほど遠くなり、忘れ去られる。 が、自分としては書けなかった悔しさがいつまで…

毎日のブログ更新はただ書き続けることが大事。

理由もなく続けたほうが続きやすい? 理由もなく続けたほうが続きやすい? ブログを始めて一年が経過したようだ。一年続けられたのは本当に良かったと思う。途中で毎日更新を一度やめてしまったことは非常に後悔しているが、それもまた勉強になったように思…

300文字書いて寝るチャレンジ

ハードルを思い切り下げよう ハードルを思い切り下げよう 休日もなんだか疲れが取れず月曜日ということもあって調子があまりよくない。しかしながらブログの更新によいネタも見つからず、だらだらと時間だけが過ぎてしまった。こういう時は何文字書くという…

公式ページの誤字脱字はどうやって指摘するのが適切なんだろう

お問合せフォームじゃないし… お問合せフォームじゃないし… 毎度悩んでしまうのはインターネットのメディアで誤字脱字があるときにいったいどこに連絡すればいいのかわからないことだ。誤字脱字の連絡はコチラなんて用意されていればわかりやすいのだけれど…

新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします 今年もよろしくお願いします 新年あけましておめでとうございます。平成も30年ですね。 今年もよろしくお願いします。 今後もよい記事が書けるよう、精いっぱい努力させていただこうと思います。 自分が思い描く良い記事とは 読…

矯正するのではなく自然と自分自身について思い起こさせるデザイン

自分自身を気づかせるデザイン 自分自身を気づかせるデザイン はてなブログにはこよみモードというものがあり、カレンダーのようにどの記事をいつ書いたのかが一覧になっている。だからか欠けている日は目立つ。だからか毎日埋めたいという欲が湧いてくる。…

ブログの記事を書く自分流のコツ

ここしばらくブログを書いていなかった。だからか記事に仕立てる感覚をどうやら忘れてしまったらしい。文章と文章をつなぐこと、全体を見通して書く能力がなくなってしまったように感じる。そう感じるが、逆に考えると以前の自分にはコツがあったことになる…

過去の記事の充実という自己満足

秘密のメッセージ? 秘密のメッセージ? 最近ブログ記事の隙間を埋めるように頑張っているのだが、ようやくこれで残り16記事くらいまで埋めることができた。まあ埋めるわけでなにかが生まれるわけでもなく、おそらく読者さんもここまでは読まないだろうと思…

書けない自分からの復帰と続けるモチベーションへの悩み

かけないという記事を書いてから休んだ日は結構長かった。この記事を書いているのはちょうど半年くらいたった後でである。 この記事以外にもどうやって自分が復活したかとか、ブログを書く意義について自分に問いかけることがいくつもあった。そのたびに新し…