かやのみ日記帳

読書の感想や思想を書いています!

守りに入りすぎていて、自覚もできなかった自分に反省

 

守りに入っていませんか

この間ブログとはまったく関係ないが、守りに入ってるんじゃないですか?という指摘を受けてグサリときた。たしかに自分の生活のあらゆる部分で守りに入っていたかもしれない。守りばかりでもダメなのだ。

 

守りに入るのは簡単だ。「忙しいから」「安定してるから」と言い訳によって消極的になる。落ち着いているように感じてしまう。ある意味でモチベーションを腐らせてしまっているのかもしれない。まだまだやれるかもしれないのに、守っていては可能性は生まれない。

 

自分はもともと攻めすぎるのを嫌うタイプだ。人に対してガツガツ行くタイプでもなく、生活でも攻めはあまりしない。奇をてらった選択も大きくはしない。毎日同じ定食でも気に入っていればいいかもしれない。

 

ただ、今回グサリときたのはわかっていたからだ。消極的に逃げている自分を自覚させられたからだ。本当は言い訳をしたかった、楽になりたかった自分がいる。何も変わらないならそのままでいい…。そういう言い訳をしていた。

 

大人になってからは成長を感じるのが鈍くなってくると思う。それに従って時間の流れにも鈍くなり、一年、また一年と過ぎていってしまう。成長はしてないかもしれないが、それでも自分は守っているという感覚でごまかしてしまっていた。

 

成長するとは自分が変化することだと思う。今までの自分ではいられなくなることだ。守りとはそうした変化を嫌うようなものだ。いつの間にか変化することが嫌になっている自分に気付けなかった。守ることはいいことだと自分で信じてしまっていた。

 

成長が嫌いな理由はいくつもあると思う。一つは終りが見えないランニングをしている気分になるからだ。それに勉強しろと怒られている気分にもなる。子供の頃、何度となく勉強しろと怒られたのはきっと成長しろと言いたかったのだろう。

 

生きていく中では成長を続けなければならないと、攻めていかねばならないと諦めるしかないのだろうか。それにいつか成長が止まらないだろうか。どこを目指して走り続けなければならないのか。競争ばかりじゃないかとつらい気持ちになる。

 

ただそれはきっと勘違いと言うか、思い込みで本当は誰とも競ったり戦う必要もないはずだ。成長とは言っているものの、要は新しいことにチャレンジしているか、自分のことをきちんと見直せているか?ということだと思う。自分を顧みなければまず守りも攻めも成り立たないのだろう。

 

守りすぎず、攻めすぎず、今の自分をきちんと見直したときに新しいことにチャレンジしてみるとか少し攻めてみる、守りに入ってみるなど自分が何をしていたのか、これから何をするか計画を立てようということなんだと思う。その見直しを定期的に忘れずに、厳しくやる必要があるのだろう。

 

おわりに

自分の感想というか気持ちを書くのが嫌になっていた。文章を書くのが嫌だと感じてしまっていた。自分が最近読書をせずに、ただ疲れて寝てを繰り返し、体がだるいまま改善しない毎日を送っていた。そんな日々ばかりだから活力もなく、以前より自分が生き生きとしていないことに苛立っていた。

 

その苛立ちは本当は成長していない自分に対する怒りだったのだろうと思う。そして守りばかりしている自分の言い訳が情けなかった。本当はわかっているはずなのに全然できない自分が悲しいという気持ちもあった。

 

こうしたイライラとか微妙に落ち込んだ鬱っぽい気持ちの打開策を知っている。とにかくやることだ。なにも言わずにやることだ。馬鹿みたいに簡単にやることだ。

 

実はこの文章を書く前にひさびさに読書をした。といっても5分くらいざっと読んで見ただけだ。それでも…楽しかったなあと感じられた。ちょっと心もドキドキするし、やる気や元気も湧いてきた。本当はやりたかったのに、やってない期間が長くなると後ろめたさとかそういうので重たくなっちゃうのだ。

 

自分の人生やっぱり上がったり下がったりだと笑ってしまう。いいことや調子がいいときもあれば、こんな感じで初心を忘れるべからずなことがあったりする。そうした揺れ動きの数や大きさが収まればいいのだが、そうしたリズムが人生には必要なのかもしれない。

 

ともかく反省したので今後は読書を楽しみたいと思う。随分と長い期間が空いてしまって自分にも申し訳なかったし本にも申し訳なかったのだが、そうした申し訳ない気持ちはポイッと捨てて楽しく読書するのがきっと一番なのだろう。大事なのは1秒でもいいから読み始めることだと知っている。

カメラと写真の楽しさがわかった

 

カメラ欲

少し前、カメラに手を出そうか真剣に悩んだ時期があった。それまでカメラには興味がまったくなかったのだが、Horizon Zero DawnやThe CrewといったPS4のゲームのスクリーンショットが楽しすぎたせいだ。ゲームが発端なのは珍しいと思うが、現実ももっと素晴らしい景色があるに違いないと思ったのだ。

 

それからカメラについてそこそこ調べたりして面白い世界だな、自分もほしいなという気持ちがむくむく湧いてきた。店員さんにいくらか話しかけられ説明を受けるとそりゃもう欲しくてたまらなくなる。

 

togetter.com

この手の記事をみて、カメラ沼の人々はなんだかんだ幸せそうだなあとしみじみ思った。自分も旅行は好きだし、いろんな風景をきちんとカメラに収めたいという気持ちがあった。

 

とまあ、もう一歩で買おうかと思ったのだが一番困ったのは値段である。思い切って買ってしまえばそれまでなのだが、ちゃんとしたのを買おうとすれば10万の予算はいるかもしれないとなると即断は難しい。

 

そうしていると店員がグサリとくる言葉をかけてくれた。「今ではiPhoneのカメラだって十分な画質できれいに撮れますよ」と。確かに現代のスマートフォンはびっくりするほど高性能だ。10年前に比べたらとんでもないほどの能力を秘めている。

 

そこでふと気づいたのは、自分が今まで撮ってきた写真のいかに宝の持ち腐れか…ということだ。自分はカメラについて知ってもいないし、構図についても何も知らない。そんな中で高いカメラを買ってもカメラの力に負けてしまうのでは…と思い至るようになった。

 

そうして今あるカメラの力を最大限活用して写真を撮ってみようと思った。今までスマートフォンのカメラにF値とかISOとかシャッタースピードがあることに気づかなかったし、焦点だって指定できる。案外機能はあるのだ。

 

外に出て天気の良い日、絶好のポジションとも言える場所で構図を意識して写真を何枚か撮ってみた。わりと高いカメラを持っている外国人や日本人がいるなかで、少し恥ずかしげにスマートフォンをかざしながら撮ってみた。

 

撮ってみた写真は目で見るよりも面白く、それでいて不思議な雰囲気があった。なるほど構図などの意識でこんなにも変わるのかと驚いた。様々に撮ってみたがうまくいったのは一枚だけ。それでもまだまだだとは思うが、十分に楽しめた。わかったのは、たくさん撮った中の一枚でも良ければそれだけ報われるってことだ。

 

そうしてスマートフォンのカメラをいろんなところに向けて撮ってみると自分の意識がいかに日常に慣れすぎているかを感じることができた。何度も通っている道でもしっかり意識してカメラで撮ってみるとすごく客観的に見え、意外な印象を受ける。こんなに建物あったっけ、少なかったっけみたいな。

 

それに他の人の写真や風景、絵などについても見方がどんどん変わってくる。こういった写真は撮るのにさぞ苦労しただろうと苦労を偲ぶこともできるようになった。どこかの記事であったがインスタグラムにハマる人たちは、そうした途中のストーリーや写真の楽しみ方を満喫しているのだろう。

 

だから自分にはまだ高級なカメラは必要ない、今で十分楽しいと実感できた。もちろんいい写真をいいカメラで撮るというのはたまらない魅力があり、今でも若干惹かれるものはあるのだが、そうでなくてもまず写真を楽しむことが良いのだと思う。

小中学校の頃の図書館の大きさは適切だった

 

選択肢が少ないから新しい選択肢を探す

小学校、中学校の頃の読書体験について思い起こすと、実は不自由していたように思う。不自由というのは言葉が悪いが、要するに自分の読みたい本がないということだ。とはいえ子供にとって読みたい本というのはマンガとか簡単すぎる本でしかない。

 

小中学校の図書館というのはどんなラインナップだったかはもう思い出せない。が、自分なりに好きなコーナーと苦手なコーナーがあったのはよく覚えている。その当時は読書はあまり好きではなく、絵本だとか雑学とかギャグっぽい何かを読んでいたようなきがする。

 

とはいえそれらの量は少なく、いろんな人が借りていたため読めることは稀であったし読むことを諦めていた気もする。なにより子供の中途半端なかっこつけみたいなのでみんなが読んでいる本は読みたくないという心もあった。

 

そういうわけでしょうがなく他の本を読むしかなかった。そういった環境による制限によって読書に対する食わず嫌いみたいなのが少しずつ治っていったような気がする。高校ではとうとう新書にまで手が伸びるようになり、そこから一気に読書の幅が広がった。

 

新書は薄くてタイトルもわりと物々しく、そして壁一面にどっさりとあって倉庫じみており、手を出しにくいったらありゃしない。しかしながら読んでみると薄い割に内容は濃く、それでいて時間もとられず価格も安いといいとこ尽くめなのだ。

 

図書館においてある自分の気になる新書をあらかた読み終えると、今度は現実というか本屋に行って新しい新書を読みたくなるのだ。そうして自分の中に読書の習慣が身についていった気がする。ビジネスマンが気軽に買って読んでいる本みたいな気持ちがわかったのは嬉しかった。学校の閉鎖的な環境もたまにはいいことをしてくれるものである。

ホワイトボードの進化した先はどうなるんだろうか

 

ホワイトボードの便利さと不思議

japanese.engadget.com

上記記事を見てふと、ホワイトボードって万能感あるなあと思った。仕事でも研究でも大人になってからはやたらと目にして使うようになったと思う。なお上記記事に関することはこれで終いである…。申し訳ないが、横道に思いっきりそれさせてもらおう。

 

子供の頃は黒板だったのかもしれないが、落書きやいたずらをしたりするのに使うことが大半だったので基本的に触らせてもらえなかった。それに手が汚れるのでほとんど書きたいとは思わなかったことも大きい。

 

大学に入ると講義もホワイトボードで扱うことが普通だった。研究室に入るといよいよ本格的にホワイトボードを使い始めることになった。なにかにつけてホワイトボードがひっぱり出されていた気がする。先輩方が研究テーマについて議論し始めたときには必ずそばにホワイトボードがあった。

 

ホワイトボードに求められているものはなんだろうか。おそらくすぐに書けて、大きな面積を持ち、消すのが容易であることなのだろう。これらは電子化ではほんの少し難しい。コスト面もそうだし、反応が鈍かったりする。

 

なぜホワイトボードが選ばれるのか。ホワイトボードに変わるものはないのか。どうやらホワイトボードは1985年ごろから流行り始めたとWikipediaには書いてある。それから20数年がたっても未だに現役である。そんなことを言ったら黒板の歴史には敵わないが。

 

案外今後のホワイトボードからの進化はスマートスピーカーなどの自動文字起こしと画像生成などに取って代わるのかもしれない。これは願望だが、議論をしているなかで自然と議事録のように話している内容がボードの上に自動で文字に起こされていくといいなと思う。

 

そこまでの頭の良さを実現するのは難しいかもしれないが、要は人類がだんだんと手で書くという作業からゆっくりと解放されていったら面白いなと思う。前にも書いたが、現代の子供の一部はすでにパソコンのキーボード入力ではなくスマートフォンのタッチ操作に馴染んでいる。デジタルネイティブな世代だ。

 

そういったネイティブらしい感性をもとに、今後文字を書くよりも言葉を話して整理してもらうことがより馴染んだ世界が訪れたとき人類の思考や生産性がより変化するのかもしれない。

 

ホワイトボードはたしかに便利で、文字や記号、数式、図表を自由自在に配置して瞬時に書き、思考を整理することができる。が、その速度を超える未来がこないだろうかとほんの少し期待もしている。

ネットの評判と現実の差異について

 

大学の悪い評判探し

昔、大学選びをする際に悪評を知りたがっていた時があった。良い評判よりも悪い評判のほうが当てになると思っていたからだ。そうして悪評を聞いたり世間一般の意見を聞くとみるみるうちに落ち込んだ。やはり偏差値は高いほうがいい、将来のためになる…。

 

そうして自分が受ける大学に対してレベルが低いだとか、そういったコンプレックスを感じることになった。偏差値が低い大学に行ってもしょうがないのに行かなきゃいけない、勉強してなかった自分が悪い…などなど。

 

自分で良い大学だからと選んだはずなのに、いつの間にか世間の偏差値信仰に染まっていたのである。とはいえ高校生の自分にとっては自分のことを信じられず世間のほうが正しいとしか感じられない年頃だった。受験というのは自分の自信をなくす苦行みたいなものだから、なおさらだ。

 

人は不安になると悪いニュースを聞きたがる動物なのだろうか。今よりももっと悪い状況であると認識したいのか、わからないけどそういう傾向はあると思う。ネガティブなときはネガティブな情報を集めてさらにネガティブになりがちだ。

 

そうして若干自分に失望しつつ入学したわけだが、入って周りを見渡してみるとみんな明るいのである。とりあえず大学に入学できてよかったねと。ただ一部の人は若干こじらせてしまっている。自分はもっと上の大学に行くべき人間だったのにという感じだ。

 

自分は最初もっと自分も頑張って上の大学にいければよかったのにと後悔していたけれど、入学してから周囲がのほほんとしているのに感化されて?自分の大学もけっこういいもんじゃないかと思い直した。

 

なにより環境のせいにするのはもったいないとも思えた。勉強はどこでもできるわけだから、レベルが足りないと思うなら自分でやればいいだけである。とはいえ大学の授業はそれなり以上に難しかったので心底この大学でよかった…と思ったのだが。

 

で、思ったのはネットの意見がすべて現実の意見じゃないよなあということ。当たり前なんだけれど、ネットだと何人の人がしゃべっているのかよくわからないし、尖った意見ばかりに集中しがちだ。

 

現実で話してみるとネットに書き込んでいるという人は意外と少なかったりする。ましてや自分が見ている範囲と同じ人はそうそうはいない。案外自分が見ているところは狭いのだ。世の中黙っている人も多い。でもそういう人は中立穏健だったり、優しかったりする。

 

まあ自分は大学を楽しんで過ごせたと思う。勉強も研究も人付き合いもなかなか楽しかった。もちろん毎日の食事も楽しかった。だから自分の大学の偏差値とかそういったものは全然関係なかったなあと思う。入学するときに得られると期待したものとはまったく違う貴重なものが手に入ったと思う。

 

世の中の大学に対する見方は就職予備校なんてひどい呼び方があったりするものだし、親御さんも大学に行く理由はそれだと思っているフシもある。それが一番わかりやすい指標だといわんばかりに。でも大学に入ってすごす当人たちの体験はひとそれぞれなのだ。

 

自分が見ている範囲が狭くないかと気づくのはすごく難しいと思う。そして見ている範囲の意見が全て正しいと思ってしまうのもよくあると思う。が、やりすぎると浮いてしまう。周囲と合わないというのはストレスだ。なるべくなら周囲と自分の意見に折り合いをつけて過ごせたらきっといいのだろうなと思う。